トップページ | 2005年11月 »

白の赤 @ 蒼天 (長野県佐久市)

夕飯は佐久市の蒼天というラーメン屋。
何か,期間限定で白ラーメンってのを
やってるらしい噂を聞きつけたので行って見たよ。
相変わらず,ここんちは『こだわってます!』っていう
雰囲気を出してるなぁ~!
夫婦でやってる店なんだけど,
カウンターから見える厨房では張り詰めた空気というか
真剣勝負的な空気があるんだよね。
注文したのは『白の赤』。
『白の白』ってのもあるんだけど,
それは白ラーメンの普通バージョン!
注文したのは,“とんがらし麺”使用バージョンです。
出されて,見た目で美味いってのが分かるよね。
白濁のスープの上には背脂が振られてますよ。
そして,スープを一口飲むと驚いたよ。
おおっ,魚系ダシだっ!
見た目から豚骨だろうと思っていたら,全然違った。
鰹節,鯖節って所だろうスープと背脂が良い具合です。
そして,上に乗せた青葱が絶妙なバランスを取ってます。
これは普通の葱にしなくて大正解だよ!
シナチクはちょっと硬めな感じで,
チャーシューは炭火で炙るという手の込み様です。
味玉子も良い感じだねぇ~。
全体的なバランスが良いし,味もGood!
素晴らしいね。これが限定ってのが残念。

Sn260057

ここから,辛口トークです。
残念だったのが,麺の硬さですね。
とんがらし麺は悪くない。
見た目も良いし,そんなに辛くないしね。
ただちょっと硬めだったなぁ~。
コシがあるんじゃなく,普通に硬い感じが
ちょっと気になるところです。
このスープに合う麺が他にあるんじゃないかと思うなぁ。
あとは味玉子の冷たさ。
大抵のラーメン屋はこんな感じなんだけど,
チャーシューを炭火で炙るくらいのこだわり店長さんなら,
味玉子も温かくしてくれぇ~。
この店のスープはそんなに熱くないので,
味玉子の真中が冷たいとちょっと寂しい感じです。
でも,基本的には大絶賛のお店です。

Sn260058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉ミソラーメン @ 東竜 (群馬県高崎市)

本日は高崎へ出張でした。
帰りがけに,高崎駅周辺を探索。
そう,ラーメン屋探索です。
事前にネットで3軒もリストアップしている私。
そういう事だけ,用意周到。
1軒目,『北関東麺研究所』⇒売り切れ!
未だ,P.M.6:00だと言うのに…ショック。
2軒目,『環七ラーメン周麺』⇒準備中。
深夜営業のラーメン屋とは聞いていたけど…。
3軒目,『東竜』⇒営業中!
やってて良かったよ。

Sn260055

そんな訳で,レトロなお店に入るや否や,
“肉ミソラーメン”注文しました。
それが美味いと評判のお店らしいです。
私の入った後からどんどんお客さんが来ましたが,
みんな注文するのは,肉ミソラーメンでした。
でも…,確かに美味いよぉ~,
上に乗ってる肉入り野菜炒めだけは!
でも,麺とスープはイマイチ。
お店の雰囲気通りのレトロな味ですよ。
でもでも,肉入り野菜炒めは
味噌と豆板醤で炒められてて,
辛さと甘味のコントラストがぁ~!
味はイマイチなのに,何で食が進むんじゃあ~!
そんな感じ。でも,満足感は無い。

Sn260026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷ラーメン(大辛) @ 雷ラーメン (長野県上田市)

“雷ラーメン@上田市”に行ってきましたよ。
名前を聞いて分かるように,いかにも辛いんだなっていう
地元密着の人気店らしいです。
実は先週ナビ任せで行って,ナビに裏切られたお店…。
注文したのは一番人気という“雷ラーメン”の大辛です。
麺はハッキリ言って大した事ない細ちぢれ麺なんだけど,
スープがトロみがかった中華スープな感じですね。
一瞬 焼肉のたれを連想しましたが,
この味の中華スープを以前にインスタントで飲んだ事あるぞ?
そして,もちろん辛い!さすが大辛というだけはあります。
具というか,スープがニラと溶き玉子のスープって感じ。
食べる事に顔中から汗がドバァ~って出てくるよ。
こりゃ,風邪をひいた時に食べると良さそうだね。
大辛と言えども,結構食べれる感じで癖になりそう。
今度は雷ミソラーメンを食べたいなぁ~。

*でも,辛さ的には群馬県伊勢崎市の雷ラーメンの方が上。
 あそこは,辛過ぎて震えが来る感じだね。
 とても最高に辛い“3辛”は注文できねぇ~。

Sn260021

Sn260022_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーシューメン @ 中華壱番 (長野県小諸市)

今日は定時あがりです。あぁ,幸せだ。
これが憧れのアフター5って奴なんですね!?
でも ラーメンバカな私は,
結局 夕食にラーメン屋に向かってしまうのです。

ネットで見つけた“木木”というラーメン屋が,
小諸の山奥にあるらしい…。
そんなことで山奥へドライブしてきましたが,
着いたら“本日閉店”ガーン( ̄□ ̄;)
でも,見た目から大した事なさそうな店だよ,きっと…。
(明らかに負け惜しみだけど…)

Sn260053_2

しょ~がねぇ~,近所のパチンコ屋の駐車場にある
中華壱番というラーメン屋に行きました。
近所でも初訪店です。
狭いけど,むっちゃくちゃ客がおる…。
美味いの?いや,みんなパチンコ客だろう。
何というか,今までの食べ歩き経験が
この店は大した事無いオーラをビンビン感じます。
『父さん,妖気だっ!』みたいな。
長野の雑誌Komachiに載ってた“チャーシューメン”を注文。
出てきたのは,デカいドンブリで,ド~ン!
見た目でスゲェ~ボリューム。
チャーシューが常識外れの12枚!
乗せ過ぎだっつ~の。
The醤油ラーメンと言った,これ以上無い普通の味。
10人中10人が『うん,醤油ラーメン』と言う味。
具材はチャーシューの他に,ワカメとシナチク。
麺は中太ストレート。
適当な茹で加減で,柔らかめでモチモチ感あり。
でも,量が凄いあるんだよ…。
食べても食べても減らねぇ~。
チャーシューも同様…。
単調な味を大量に喰えというのはツライ…。
どうにか麺は食べたけど,チャーシューは9枚が限界でした。
うぅ~,胸焼け。

隣で唐揚げ定食を食べてた兄ちゃんがいたけど,
唐揚げも皿に山盛りでしたよ。
うっひゃ~,質より量なわけね。
きっとここで食べてる人たちは,
パチンコ(パチスロ)の事しか頭にないんじゃい?
パチンコ屋がある限り,この店は安泰に違いない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こってり豚豚ラーメン @ 豚豚亭 (長野県東御市)

Sn260052

本日のラーメンは以前より気になってた
東御市18号沿いの豚豚亭に行きました。
ハッキリ言って(いつもハッキリ言う人なんですが),
見た目はボロッちい大衆食堂って雰囲気のお店。
だけど,いつもそれなりにお客が入ってる感じで,
美味しいのかな?と気にはしていたんだよね。
店内も概観から期待を裏切らないボロさ加減。
でも意外に広い店内で,クッションの薄いパイプ椅子が
まさにThe大衆食堂!若干,昭和の匂いがするぞ。

Sn260051

これが看板メニューだろうと思われる
“こってり豚豚ラーメン”と餃子を注文。
出てきたラーメンは,一瞬で分かる程のニンニク臭。
おっ,スープは普通の鶏がらかと思ったら豚骨みたい。
そして,いわゆる背脂チャッチャ系です。
具材は,シナチク,味玉子,チャーシュー,
それと葱…と思ったら,ニンニクの芽だ…。
しかし,とことんお店の見た目通りの味ですね。
麺は安っぽい縮れ麺で,豚骨も薄い感じ。
チャーシューも薄っぺらで,全体的に大雑把な感じ。
味玉子は流行に流されず,半熟ではなく確りと硬い。
でも,味も確り付いてるから美味いんだよなぁ~。
玉子だけでなく,全体的に満足しちゃうなぁ。
何なんだろう…。
味は大した事ないのに,心が満足する味?
何か凄い満足感は味わえちゃいましたよ。
たぶん一杯の掛け蕎麦的満足感。
ただ今の私は確実にニンニク臭い。
危険です,近寄らないで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん @ 麺匠 文蔵 (長野県佐久市)

先日,会社の人から聞いた
新しく出来たというラーメン屋さん。
会社の人から詳しく場所を聞きなおし,
今日改めて行ってみましたよ。

Sn260049

岩村田駅すぐ近くの何とかっていう高校のすぐ近く。
住宅街って感じの細い道沿いです。
これでは,場所を詳しく聞かないと辿り着けるわけがない…。
聞いた話では,何でも開店から一週間は半額とのことで,
店の駐車場はいっぱいいっぱいでした…。

こじんまり&小洒落たって店内は,
いかにも最近の流行を意識してます!といった感じ。
メニューもシンプルで,
基本は らーめん,味噌らーめん,つけめん の3つ。
高校が近いせいか,高校生らしき若者がタンマリいたよ。

Sn260041_1

基本のらーめんを注文しましたが,
これは思いっきり“横浜家系”を
意識しまくったラーメンですね。
しかし,似て非なる物でしたよ。
麺は太麺でコシのあるツルツル系。
スープは家系っぽい豚骨醤油。
具材は焼き海苔,ほうれん草,チャーシュー。
(これも家系を意識しまくり…)
色々と真似てはみたものの,
本質を分かってないよねぇ~。
トータルバランスが悪過ぎだっつ~の!
麺がツルツル系だから,スープが絡まない。
しかも,豚骨ってだけで麺を硬めにしてるから,
飲み込む時に喉に引っかかる感があるよ。
最近,流行だけで硬めにしてる店が多いんだよね~。
太麺なら普通に茹でた方が絶対美味いんだよ。
チャーシューは,何ていうかボンレスハムの味。
チャーシューの作り方を知らないのかなぁ…。
まぁ,誉められるのはスープの味だけだね。
全体的に若いっ!まだまだ見習いじゃねぇ~の?
お店を出すなんて早いよ。
もっと食べ歩くなり,どっかで修行するなり,
そんな努力が必要と見たね。
まぁ,決してマズくはないので,
ラーメン人気と流行りの雰囲気だけで,
それなりにお店はもつと思うけど…。

*今日はかなり辛口ですね…。
ヘタに家系を真似する奴はダメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚骨塩らーめん @ 一粋 (長野県小諸市)

雑誌で調べた“壱番”というお店に行くものの,
今日は定休日だって…。ガーン!!
今日はラーメン運がないのかも…。
どうしても食べたかったので,
すぐ近くの“一粋”というお店に行きました。
ここはかつては名店だったけど,
最近はちょっと不調なお店です。
以前は店のオヤジさんの他に
奥さんらしき注文取りがいたんだけど,
オヤジさん一人になってから確実に味が落ちてるんだよね。
どうやら一人じゃ手が回らないらしい…。
一度はバイトの注文取りが入って,
味が復活したと思ったのに…。

今日はハズレでした…。
それどころか,もうバイトの募集の張り紙もなく,
一人でやっていくことを決めた様子。
しかし,味はやっぱり残念な結果…。
かつては感動した味なのに,今じゃチェーン店以下の味…。
ラーメン屋の落ちぶれてゆく様を見るかのようだ。
あと何年持つだろう…。
向上心を失ったラーメン屋の寿命は短い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ととやめん @ 柳麺ととや (群馬県前橋市)

Sn260039_1

実家に帰る途中,前橋のラーメン屋
“ととや”に立ち寄りました。
群馬の石神ラーメン本2005年度版に掲載されたお店です。
とりあえず,基本と思われる“ととや麺”を注文。
ととや麺が注文される度に,
『かつお油を入れられますが,入れますか?』と尋ねる店員。
私も含めて,『はぁ,はい…。』的な感じで答える客達。
オススメだったら,そんなもん始めから入れちまえよ!
そんな毒を心の中で吐いておりましたよ。

Sn260037

出てきたラーメンは,なかなか特徴のあるラーメンですよ。
麺は極細麺で,コシのあるソーメンって感じの食感。
スープは鶏がらスープだけど,
例の“かつお油”で魚系スープな感じに様変わりしてるよ。
ただ,かつお油ってのは,若干ながら癖がありますね。
感心したのが具材。
カイワレと白髪葱はきっと極細麺に合わせたのだろう。
みんな細いから,麺と一緒に食べ易いね。
気になった点は,焼き海苔とチャーシュー。
焼き海苔って,基本的にラーメンの具としては食べ難い…。
それはあまり考えて具にしてる感じがしませんでしたね。
それから,チャーシューはしょっぱ過ぎる気がするよ。
スープも若干そうだったかな?
幾ら上州人でも,しょっぱ過ぎだぜい!
今後の成長に期待というところ…。

Sn260038_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こってり玉子ラーメン @ こうや (長野県上田市)

夕飯には,わざわざ上田市まで行った。
ちょっと注目してた“こうや”というラーメン屋に行く。
駐車場がないのが辛いところなんだけど…。
結構コジンマリした雰囲気で,
飲んだ後のラーメン屋って感じだね。

Sn260029

こってり“玉子ラーメン”を注文したけど,
ものすごぉ~くこってり。
豚骨をベースとしたスープに背脂チャッチャ系。
豚骨醤油なんだけど,横浜家系とは違う。
ニンニクをエグ味を出さずに上手く使ってるなぁ~。
かなり美味いね!豚骨の甘味も出てるし。
但し,ちょっとコッテリ過ぎる…。
スープは7割がた残さざる得ません。
でも,一回食べてみて!っていうオススメ店だね。

Sn260028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年11月 »