« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

チャーシューつけ麺 @ 喜奴屋 (群馬県長野原町)

本日は雑誌『Komachi』に掲載されて、
以前より注目していた北軽井沢のラーメン屋、
『喜奴屋』にやって参りましたョ。
場所は、軽井沢から草津に抜ける道沿いの
小さなショッピングモールの一角にあります。
今日の小諸は、強風ではあったものの暖かい日ざし。
でも、流石に北軽井沢ともなると-1℃!?
道に雪が無くて良かったけれど、浅間山は一面真っ白。
とても雄大な景色でしたョ。

やっぱ平日だと人があまりおらず、
閑散としたショッピングモールです…。
その一角のラーメン屋に着くなり、
いきなり写真を撮り始める私、怪しい…?
店内はこじんまりとした感じで、
ちょいオシャレな感じではあるものの
BGMは“中嶋みゆき”を始めとした懐メロ。
う~ん、店長の狙いは何っ!?

060331_14010001

基本的に『中華そば』と『つけ麺』のお店らしい。
北軽井沢というネームバリューだけで、
メニューの値段設定が高っ!Σ( ̄□ ̄;
こういうお店を見ると、
軽井沢の『ロコ』さんの素晴らしさに感心するよ。
軽井沢のメインストリートにあるにも関わらず、
適正価格でやってるもんなぁ~。
この時点で、若干の不信感…。

オススメと銘打ってある『チャーシューつけ麺』。
つけ汁は、塩・醤油から選べて、醤油をチョイス。
あと、麺を冷たいの、温かいのを聞かれたよ。
んっ!?つけ麺で、冷たい・温かい?
ンー...(*~・ω・) ゞ どゆこと?
と…、とりあえず、温かい方で!
ちなみに値段は\1100円…。やっぱ高いね。
14時頃という時間帯もあって、店内には私と店員2名。
店員の方が多いじゃん!Σ(=д= ノ)ノ
私の目の前で、麺を茹でる店長。
そんな姿に目もくれず、メニューを写真に収めてる私。
懐メロを聞きつつ、静かな日だなぁ~と。

060331_14020001

出てきた物を見て、ちょっとビックリ!
どんぶりが2つですけど…。
片方は、一見普通のラーメン。もう片方は、つけ汁。
店長より『そちらのスープは味ついてませんので…』
とのコメントがありました。あ~、なるほどね。
温かい麺ってこういう事だったみたい。
割りスープで、麺を冷やさず出すってだけでした。
でも、今までのつけ麺には無かったスタイル。

味は魚介系のダシがググッ!と出てるつけ汁で、
なかなか美味しかったですよぉ~、始めのうちは…。
つけ麺って、結構むずかしいんですよね。
つけ汁だけの味だと、中ダルミしがちなのですョ。
しかも つけ麺って、ラーメンに比べて麺も多めだし。
その事を改めて実感させてくれましたョ。
(今日の私は辛口です!)

060331_14060001

つけ麺の麺は、やっぱ冷水で締めないとダメだね。
1つの味わいでもあるツルツルシコシコ感がイマイチ…。
中ダルミ・ポイントの1つの要因になってるよ。
それから、本来は皿に盛られて出すものを、
単にそのまま『割りスープ』に入れて
出してるだけってのが、凄い感じるョ。
焼き海苔が、ふやけて解けてる感じが微妙…。
チャーシューも冷たくて、スープも冷めがち。
あちこちに、『もうちょっとの工夫があれば…』
って所が散見されますね~。
麺の茹で方も、金属製の手持ちザルっての?
それで茹でたのを全部入れてるだけに、
細かく切れた麺まで入ってるのは印象悪いよね。

総評としては、なかなかの味だけど、
もうちょっと頑張ってよ!って所ですねぇ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さつまラーメン @ さつまラーメン (長野県上田市)

朝食・昼食が中途半端な時間だっただけに、
夕飯時の調整が微妙になりがちな週末…。
う~ん、食べなくても問題なさそうだけど、
一応、ライフワークはこなしておくか…。
そんな訳で、本日も行って参ったラーメン屋。
上田市の『さつまラーメン』にお邪魔してきましたョ。

信州大学繊維学部の校門のすぐ脇にあるんですが、
それ故に駐車場がないっ!?
こういうお店を巡るのは、なかなか大変ですョ。
車で行ってみて、その事実を知った私は
仕方なく近所のジャスコさんの駐車場をちょっと拝借。
(帰りにガッツリ買い物をしましたので、
許してくださぁ~い!!m(_ _;)m)

外見から『昔ながらの…』というフレーズが
浮かんできそうなお店ですね。
店内の同様で、婆さん家を連想してしまう雰囲気。
カウンター席と座敷席がありましたが、
店内には他にお客さんがいない…。
カウンター席だと あまりに店のおばちゃんと近いので、
何となしに座敷に座りましたが、ミョーに落ち着くなぁ。
また、お店のTVで『サザエさん』が流れちゃって、
思わず実家のようにリラックスしてしまうね。

やっぱ大学の近くだけあって、
安い『学生ラーメン』なんてメニューもあるね。
とりあえず私は、お店の名前でもある
『さつまラーメン』を注文です。
サザエさんの『カツオの財テク』なんてのを見ていると、
店のご主人が出前から帰ってきた様子。
へぇ~、いまどき出前をやっているお店があるんだぁ~。
全てに置いて、『昔ながらの…』という期待を
裏切らないところが素晴らしいです。

060326_18360001

出てきたラーメンを見てビックリ!
『さつま』というネーミングから豚骨は予想してたけど、
スープの色が今まで見たこと無い真っ白さ加減。。
美白でもしてるのか!?っつ~勢いですョ。
しかもドンブリには『世界の味』と書かれている。
ずっ、随分と大きく出るねぇ~。

まずはスープの感想から。
ちょっと豚骨臭いのかな?と心配してたんだけど、
ちゃんと処理されてるみたいで臭みはないね。
最近流行りの豚骨味とは ちょっと違ってて、
何というか『ちゃんぽん』の味っぽいね。
本場・九州の豚骨ラーメンを知らないだけに、
あまり詳細なことは喋れないけれども、
クセがなく淡白でスッキリ・クリーミー感じだね。
悪く言えば、『安っぽい』と言っちゃうんですが…。

麺は、豚骨の基本の細麺ストレート。
ちょっと茹で上げ後のほぐしが足らないのか、
麺が絡まってましたが、ツルツルっと美味い!
そして、具材の方はシンプルですね。
ネギ・ゴマ・もやし・焼き海苔・チャーシュー。
そして、中央には紅ショウガが鮮やかに盛られてます。
まさに、絵に描いたような豚骨ラーメン。
特にチャーシューが、かなり美味いッス。
しっかりとした食べ応えがあって、しかもジューシー。
\500円の値段でも 3枚も入ってて、素晴らしいお店。

関東人ゆえ、豚骨は成人してから食べましたが、
ココでは豚骨を昔から食べ慣れているかのように感じるね。
落ち着く味です。そして、学生達の味方的なお店ですね。
お腹が減っていれば、チャーハンも頼みたかったなぁ~。

060326_18450001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餃子セット(味噌) @ らぁめん味蔵 (群馬県高崎市)

前々より気になっていたラーメン屋に、
やっとこさ行ってきましたよぉ~。
高崎の『群馬の森』のすぐ近くにある
『らぁめん味蔵』というお店です。
ちょうどランチタイムのど真ん中に
行ってしまったので、かなり混んでましたよ。
混んでても更に停めようとする車が後を絶たず、
どうやら結構な人気店らしいですねぇ~。

060320_12160001

とってもスッキリとした店内は好印象。
席もカウンター、座敷、テーブルがあり、
どんな客にもお好みでって感じかな?
でも、混雑時には必然的に空いてる所だけどね。
結構、お客がいるのに店員は4人だけ!
厨房2人のフロア2人体制です。
これが見ていて凄いと思いましたよ。
動きに無駄が無い感じで洗練されているね。
毎日のランチタイムで鍛えてます!
と言った所でしょうか。素晴らしい!!

060320_11520001

このお店のラーメンメニューは、
味噌・醤油・塩・中華の4本立て。
醤油と中華を分けてる辺りが気になったけど、
味噌がどうやら売りらしいので、
『ギョーザセット(味噌)』を注文しました。
セットはいわゆるラーメン・餃子・ライスです。
王道の3点セットですねぇ~。ヾ(o´∀`o)ノ

060320_11530001

席にはカクテキの壷が置いてあって、
自由に食べてOKらしいですよ!
わ~い!(≧▽≦)、カクテキ大好きなので、
わしわしと小皿に取って、バリバリ食べちまうね。
その他にもコーヒーもセルフで飲んで良いらしい。
おぉっ、結構サービスも良いのかも!?

060320_12010001

そんな中、出てきたラーメンはめっちゃ美味しそぉ~!
濃厚そうなスープに山盛りのモヤシ。
見た目は、とってもシンプルな感じだョ。
まずはスープからズズッ!っとね。
味噌の風味(特に甘味)が良く感じられてGoodですよ。
それに加え、上に浮いてるニラ&ゴマの風味もイイね。
そして、次に麺っ!
やや平たい感じの中太麺で、良い歯ごたえがイイ。
とってもスープと良く絡むから、相性も抜群。
やっぱ味噌ラーメンには太麺に限るよねぇ~。

甘味があるとは言えども、濃厚な味噌。
そんな時にちょうど口休めになるのが、
上に盛られたモヤシですねぇ~。
野菜炒めなんだけれども、味がかなりの薄味。
これをシャキシャキっと食べる事で、
舌がフラットな状態に戻りますね。
なかなか、考えられてるなぁ~。

セットの餃子も美味かったぁ~!
そして、ボリューム満点のセットだったよ。
サラリーマン達がいっぱい来てたけど、
その理由も分かるなぁ~。
総評としては、安心できる味って感じです。
流行り廃りに負けず、長続きするタイプのお店だね。
結構、オススメ店ですね。
但し、中華以外のラーメンにはニンニク入り。
女性客は要注意でしょうか!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日替わりランチ(坦々麺) @ 中国料理 桃花 (長野県佐久市)

本日のラーメンは佐久市の『中国料理 桃花』です。
店舗を移転して、リニューアルしたらしい情報を
何処かしらのブログでゲットしたので、
野次馬な私は行っておかねばならないのです。\(´▽`*)
行ってみると、ココは以前、
とんかつ屋『桃太郎』があった場所だねぇ~。
以前の建物を改装して違うお店に様変わり。
桃花の以前の店舗から比べてたら、
随分と良い立地条件になりましたね。

060311_13220001_1

新装開店ってなことで、結構な混み具合でしたよ。
店舗が広いだけに家族連れのお客さんが多いみたい。
もちろん、カウンター席もあるので1人でもOK!
ただ、カウンター席の作りは微妙だったな。。
カウンターの向こうでは店員達が
おそらく食器を洗ってるんだろうけど、
店員の目から上が覗く中途半端な仕切り。
店員達の忙しなく動いているのが視界に入るので、
微妙に落ち着かない席ですなぁ~。

060311_13220002

色々と迷った挙句、注文したのは
ランチメニューの『日替わりランチ(坦々麺)』です。
やっぱ中華料理屋に来ると、
普通のラーメンよりは『坦々麺』的な
いかにも中華料理の方を注文したくなりますね。
それと、日替わりランチを選んだ理由は
デザートがついてくるって言葉につられました…。

060311_13270001

注文して待っている間に、
よくよくメニューを見直してみると、(o・ω・o)?ホエ?
ラーメン+ライス+餃子+デザート+日替わり料理。
『ひっ、日替わり料理っ!?』
まぁ、サイドメニュー的な何かかなぁ~って思ってたら、
出された物を見て、驚愕ですっ!!
チキンカツ!?思いっきりメインメニューじゃん。。
見た目からして、凄いボリュームなんですけど…。
これで\950円とは、う~ん高いのか安いのか。
でも、コストパフォーマンスは凄い良いよね。

060311_13300001

まずは坦々麺からっ!
以前の店舗でも坦々麺を食べたんだけど、
やっぱこのお店の坦々麺は美味しい!
中華料理って言えば、中華麺。
細麺で坦々麺との愛称は抜群ですよ。
スルスル~っと、口の中に流れる感覚が良いよね。
それに良い歯ごたえがたまりません。
スープも良いね!
ゴマの甘味とラー油の辛味しっかりと効いてて、
渾然一体となるハーモニーですよ!
(分かるようで、よう分からんコメント…)

でも、見た目で何か違和感が…。
あっ!挽き肉が上に乗ってないじゃん。
でも、後からスープの下に沈んでる事実が発覚。Σ( ̄□ ̄;
盛り付けの順番がおかしくね!?
新装開店でワタワタしてても、
これくらいはちゃんとしとけぇ~。
スープが若干改善されたのか、
以前よりも具材のワカメとの違和感も解消されたね。
でも、やっぱり坦々麺にワカメはおかしいよ。

ラーメンの次は餃子にチキンカツです。
餃子はとってもジューシーで美味い!
そして、チキンカツもサックサクで美味い!
これって、案外ペロリと食べられるかも!?
基本的に中華料理屋なのでソースが置いてなく、
餃子のタレでチキンカツも食べましたけど、
意外にもさっぱりとして美味いかも~。
これは新発見ナリ。
また、妙に衣のパン粉の味がするんだよね。
あまりカツでパン粉の味を味わうことって無いね。

デザートの杏仁豆腐も十分に堪能。
最近、『宮廷女官チャングムの誓い』を見ているだけに、
これだけ料理が目の前にあると、王様にでもなった気分。
でも、流石にお腹が苦しいョ。
坦々麺のスープと、チキンカツに添えられた
山盛りキャベツまでは完食できなかったよ。
でも、かなり大満足できるお店です。
お腹がめちゃめちゃ空いてる人は是非ッ!
(但し、このセットメニューは
日曜はやってないらしいので ご注意を…。)

060311_13460001

| | コメント (6) | トラックバック (0)

魚系ダシらーめん @ わのや (群馬県玉村町)

本日の昼食は伊勢崎玉村町のラーメン屋。
どれを注文しても、かなり美味いという
私お気に入りのお店『わのや』にやって参りました。
以前は佐波郡玉村町だったのに、
いつの間にやら伊勢崎市になっていたのですね!?

(* 現在も玉村町は佐波郡で御座います。
  私は一体、何を見間違えたのか…?
  玉村町関係者の方々、
  誤記がありまして申し訳ありません!)

随分と久しぶりの来店だと思ったら、
前回来たのは約2年前ですねぇ~。
(それが分かるように記録してる所が 我ながら凄い…。)
以前から人気店だったけど、
更に人気が出ているようで順番待ちが凄い…。
店外でも店内でも結構待たされるなぁ~。

060305_13430001

以前からメニューは変わっておりませんね。
まぁ、それぞれのラーメンがもう完成系なので、
私的には変えなくても全然OKって感じです。
混んでいたので しょうがなかったけど、
この店のカウンター席の端っこは不利…。
一段下がるようなカウンター席の為、
店員からお客の顔が見え難くて
『すみませぇ~ん!』の声も届き難いョ…。
お陰で注文するのが出遅れたぜぇ~。
結構待っている分、注文が出遅れたのも軽くイタイ。
久々という事で、基本の『魚系ダシらーめん』を注文。
この味を思う存分に堪能してやるぅ~っ!

060305_14080001

出てきたどんぶりを見て、
『そうそう、コレコレ~!』と思わず言いそう。
このお店は、どんぶりに
『すり鉢』を使ってるんだよね。
これを見ると『わのや』だ!って感じだよ。
食べる前から、魚のダシの良い香りが漂うね。
メニューの説明によると、
魚以外にも、豚骨・鶏ガラ・野菜などの
スープとブレンドしてるらしいけど、
全面的には魚ですね。
鶏ガラは多少感じるけど、
その他は隠し味的な感じなのかな?
スープをすする度に力強い魚のダシが、
グググッ!っと来て、とっても美味い!

麺は細ちぢれ麺。
個人的に細ちぢれ麺に安っぽい印象があって、
あまり良しとしないんですが、
このらーめんの場合は例外だよ。
めちゃくちゃスープに良く絡んで、
悔しい位のベストマッチング!
このスープには、この麺しかない気がするね。
やっぱ完成されてるなぁ~。

具材はチャーシュー、味玉子、シナチク、
なると、ネギ、焼き海苔 と至ってシンプル。
とりわけ、注目すべきものはないけど、
このらーめんの売りはスープ!
スープを中心にバランスを崩さない事が重要。
そのコンセプトがばっちり見えて、
『流石』の一言に尽きちゃうね。
やっぱここは定期的に食べに来たいなぁ~。

060305_14170001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネギ味噌 @ くるまやラーメン・佐久インター店 (長野県佐久市)

今日は深夜までやっている、
“誰もが一度は行ったことある”でお馴染みの
『くるまやラーメン』に行きましたぁ~。
超がつく程のチェーン店だね。
もうかれこれ小学生ぶり?久々だなぁ~。
普段はなかなか行く気になれないチェーン店ですが、
会社の人達からのオススメで来ちゃいました。
何でもチェーン店なのに、
『佐久インター店』は違うらしい…。
う~ん、何が!? (∂∇∂)はて?
会社の人いわく、『油の量がハンパねぇ~』。
へぇ~、興味津々。

060303_23110001

『くるまやラーメン』って、
ずっと変わらない外見だよね~。
看板、回っちゃってるし…。
店内も昔の新しい感じって所が、
懐かしい雰囲気だねぇ~。
店員達は揃いも揃って赤い服。
とってもイケてない…。
それにしても夜23時を
回っているのにも関わらず、
結構混んでるなぁ~。
みんな、ラーメン好きだねぇ~。

060303_23230001

メニューに『人気1番』と書いてあっただけで、
『ネギ味噌』をチョイス。
ネギがたんまり盛られた味噌ラーメンで、
先日食べたラーメンとかぶるなぁ~。
出てきた姿も、話に聞く通りのなかなか手強い感じ。
上に山盛られたネギはラー油にまみれ、
スープも油との2層式…。しかも、背油まみれ。
全体的に油っぽい。っていうか、油を食べてる?

麺はとっても業務用。
もちろん、スープも業務用。
限りなく無駄を排した姿。あぁ、チェーン店。
売上を追求する姿が素晴らしくも悲しい。

何か凄い味付けだよ。
っていうか、これは舌が馬鹿になる味…。
でも、たまぁ~に油ギトギトのが食べたい!
って時には、まさにコレですって代物。
私はまたしばらくは行きそうに無いです。
あぁ、胃がもたれる…。
(スープ完食ならず。。)
060303_23320001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »