« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

旨味麺 @ 九州麺酒房 響 (群馬県前橋市)

G.W.3日目のラーメンは、
『九州麺酒房 響』に行って参りましたョ。
このお店は、2年前は群大医学部の近くの店舗で
『食彩麺酒房 響』という名前でやっていましたね。
その時に一度だけ行った事があって、
Wスープのラーメンには感動したけれども、
とにかく駐車場が無くって大変だったなぁ~。
店舗を移転して、店舗も駐車場も広くなったんだけど、
なかなか機会が無くて行けずじまいの日々でしたが、
今日やっと行ける機会を見つけたよ!
さぁ~て、行けなかった期間に
どれだけ進化を遂げているのでしょうか!?

060430_12360001

060430_12360002

もう店舗は外見からオシャレな居酒屋。
中に入ると、更にオシャレな居酒屋って感じだよ。
店舗が広くなったとは言え、座敷席が3組ぶん。
あとはカウンター席が6~8人分って所かな?
店内には焼酎or日本酒の一升瓶が所狭しと並べられ、
完全に居酒屋の雰囲気であるね。
メニューも、ラーメン以外は焼き鳥やらおつまみメニュー。
如何にも九州って感じで、モツ鍋ってのもあるね。
これは寒い時期に、ここで飲み会をやりたいなぁ~。
(私の場合、かなりの好条件が揃わないと出来ないけど…。)

060430_12450001

060430_12430001

060430_12430002

可愛らしい店員さんに新しいラーメンの説明を受け、
悩んだ末に『旨味麺』をチョイス!
鶏をじっくりと煮込んで、トロミを出した一品らしいョ。
わぉっ!これは期待大ですね。
私はラーメンを待ってる間も、
店内を思わずキョロキョロしっ放し。
とにかく、店内には興味を引く物だらけだよ。
店内のBGMは、80年代アイドルの歌が流れてるし。
しかも、如何にもシングルカットされてないような、
全く分からない感じの歌が流れっぱなし。
特に私が惹かれてしまったのが、
『和風シャンパン 風のように…』のメニュー張り紙。
なんじゃそりゃ!でも、爽やかなお酒らしい…。

060430_12410001

060430_12420001

そして、出されたドンブリ!
おぅっ!これはとってもこだわってそ~。
もう、漂う香りが美味しい感じだよね。
気持ちトロミがあるスープは、
とっても鶏の味が生きているョ~。
そして、ローストされたチャーシューの香ばしさが
スープに移って、素晴らしいハーモニーを醸し出してるね。
これは美味いナリ!!

060430_12550001_1

麺は中細ストレート麺で、いい感じの歯応え。
細麺のすすり感と太麺の食べ応えを兼ね備えた中間麺だね。
それ故、あっさりとこってりの中間色スープに合うんだねぇ。
そのバランス感は素晴らしいです。
具材は、ローストチャーシューを始め、
半熟味玉子、シナチク、焼海苔、長葱にミツバ。
時々このミツバの爽やかさが口の中にひろがり、
良い感じに味に変化を持たしているね。

あえて欠点を言うのであれば、
ちょっとダシに こだわり過ぎた所かな?
スープの味は確かに絶品。
ダシの味を堪能して貰おうという趣旨らしいが、
それ故に塩気を押えている感じがするね。
味にシマリが無い感じで、若干ぼやけてる。
チャーシューと味玉子も、味が薄めだね。
これは、スープを前面に出す為の
大きな代償だったのかも知れないけど…。

でも、トータルでいうと素晴らしいお店。
これはオススメですねぇ~。
駐車場が若干停め難い感じなので、
コンパクトカーで行くことをオススメします。(笑)

060430_13070001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国のインスタントラーメン

G.W.2日目の今日は、インスタントラーメン。
先日、会社の方から出張土産で頂いた
韓国のインスタントラーメンを作ってみましたョ。
味の方は、作る前から大体想像付きますが、
今回は作る過程のレポートをお楽しみ下さい。

060429_17240001

060429_17310001

060429_17260001

さぁ~て、作るぞ!と袋の裏の説明書きを見ると…、
『…、ハングルですな…。』読めません。
でも、数字だけは世界共通ですねぇ~。
550…、まぁ、水の量が550ccって事だろうね。
3…、乾麺を入れてから3分って事でしょう~。
まぁ、インスタントラーメンなんて、
国によって作り方が変わる訳もないしね。

060429_17300001  

060429_17320001

060429_17330001

何にも乗せないんじゃ あまりに寂しいので、
とりあえず 刻み葱、あとは一緒に頂いた
韓国海苔をトッピングすることにしようかな。
そんなこんなで、出来ました!ザ・韓国ラーメン。
きっと韓国の人達も、こんな感じに作って、
『マシソヨ~』とか言って食べてんのかな!?

060429_17290001_1

060429_17360001

味は日本でも売ってる『辛ラーメン』と同じ味だね。
とても辛いッス。さすが韓国って味だね。

060429_17360002

060429_17370001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンタンメンセット @ 元祖ニュータンタンメン本舗 (長野県軽井沢町)

連休の初日を飾る食べ歩き!
今日は軽井沢のアサマサンライン沿いにある
『元祖ニュータンタンメン本舗』で昼食です。
ここに来たのは、一昨年の11月ぶりですね~。
『あの素晴らしい味を、もう一度~♪』
アサマサンライン沿いにあるので、
浅間山が素晴らしく良く見えますね。
今日も絶好調で煙をはいておりますよ~。

060428_11480001

店内はスッキリと広い感じ。
カウンター席、テーブル席、座敷席があるけど、
座敷席は奥の方で どんな感じなのかは良く分からん…。
『どうだっ!』と言わんばかりに、
どデカイ プラズマTVが壁に掛かってるのが印象的。
但し、カウンター席からは見え難いのが難点~。

060428_12190001

060428_12200001

世間様は今日も平日なのか、
仕事の昼休みに昼食に来たって方が多いですね。
せっかくランチタイムに来たので、
ランチのセットメニューを注文しました。
『タンタンメンランチ』で、
辛さは普通、半チャーハンでヨロシク!
基本的に辛いのは好きだけど、
今日は汗だくになるのを避けました。

060428_11510001

060428_12110001

セットメニューが出されてビックリ!
意外と色々と付いて、ボリューム満点ですよ。
内容は、タンタンメン、半チャーハン、
メンチカツ、サラダ、杏仁プリンという内容。
私的には、杏仁プリンが食べたいだけで
注文したんだけどねぇ~。
しかも、メンチカツは揚げたての熱々ですよ。
まだ揚げた後の音がしてるぐらい。

060428_11560001

まずは、主役のタンタンメンから!
この玉子と挽き肉のスープが、
ニュータンタンメンの『ニュー』たる由縁。
普通の坦々麺とは全く別物ですよね。
不思議と辛いのに落ち着く味なんですよね。
分かり易く言うと、たまごスープに麺が入ってる感じ。
何か、風邪を引いた時なんかに良さそうですね~。
見た目ほど辛くなく、程良い辛さ加減。
麺は太麺ストレートでモチモチ系で、うまぁ~い!
しっかりと食べ応え十分ですね。
挽き肉も、ボロボロといっぱい入ってるので、
スープだけでもボリュームがあるよ。

060428_11560002

続いて、半チャーハンです。
良い感じのパラパラ感で、やっぱチャーハンって美味い。
これまたシンプルなだけに、とても落ち着く味だよ。
そして、メンチカツ。
うん、熱々ジューシーで美味いよ。
でも、流石にこれだけあると、ちょっとお腹がキツイ。。
この状況だと、メンチカツに油っぽさがちょいキツイかも。

1つの難点はサラダでした…。
得体の知れない半透明な物体。これは何?
何か中華っぽくはあるけどねぇ~。
食べた時に喉に引っかかるような感触で、
ちょっと2~3口で遠慮しちゃった…。スマソ。

でも、杏仁プリンは絶品でしたよ。
杏仁豆腐よりも杏仁プリンの方が良いね。
食後の至福の時を過ごせましたよ。
まだ行った事のない方は、是非!
オススメのお店ですョ。

060428_12170001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特製にごらせ和風麺 @ 凌駕IDEA (長野県松本市)

松本まで、同期らとドライブに行って参りました。
そんな訳で、本日のラーメンは『凌駕IDEA』です。
去年のラーメン博でも味わったんだけど、
その時は2杯目のラーメンでお腹一杯の時でした。
味わうよりも、苦しかったなぁ~。
そんな訳で、今回こそはちゃんと味わうぞぉ~!!

060416_14370001

060416_14370002

店に到着すると、すでに店の前では
ちょっと行列ができている程の人気店。
さすがは、カップラーメンにもなる程のお店だよ。
私は同期ら10人で行ったので、
一気にその行列も凄さを増した筈ですね!

060416_14030001

店内に入ると、とってもオシャレ空間が広がってたよ。
おぉ~っ、ちょっとした小洒落た飲み屋?そんな感じ。
きっとこの雰囲気も人気の1つなのかも知れませんね。
女性客でも全然普通に入れる雰囲気かもしれない。

060416_14090001

メニューは、どれもこれも美味しそうだよ!
かなり悩んだ挙句、『店長オススメ』の文字で
『特製にごらせ和風麺』を注文しましたよ。
どうやら、豚骨と魚介系のWスープものらしい。
凌駕のWスープはどんな感じなんだろう~。

060416_14150002

凌駕でドンブリを出されて、
まず目を引くのは その風貌でしょうね。
放物線を思わせる美しいフォルム。
食べ易さと食べ難さを同時に合わせ持つ
いわゆる じゃじゃ馬ですな。(*゚∀゚*)
スープは絶対、レンゲのみでお飲みください。

060416_14150001

まず麺は中太麺で、ズルズルといける良い太さ。
程よい歯応えが非常に好感触ですねぇ~。
同期達のラーメンを見るに、
どうやらあっさり系も、こってり系も、
同じ麺を使っている模様ですね。
でも、この位の麺だったら両方対応できるのかな?

スープはかなり美味かったよ。
豚骨はかなり濃厚で、むしろクリーミー。
そこに合わせたのが、煮干&かつお節を
ベースとした魚介系スープ。
これだけ豚骨が濃厚だと、クセの強い魚介系でも
バランスが上手く取れるんですねぇ~。
どちらの強さも上手く生かしてて、素晴らしい!

具材は長葱、シナチク、焼き海苔、チャーシュー、味玉子。
これ系のラーメンに定番の具材ですね。
このお店はスープが売りになってるから、
むしろ具材はやたらと変にこだわらん方が良いです。

060416_14320001

総評としては、『流石っ』の一言。
その行列からも、実力の程が伺えます。
こりゃ、また食べに来たいですねぇ~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ザ・千成 @ 千成らーめん (長野県小海町)

本日は野辺山までドライブに。
その帰り道、小海町の141沿いに
新しそうなラーメン屋を発見したョ。
ちょうど小腹も減ってたし、
折角なので寄ってみることにしました。
『千成らーめん』というお店で、
概観は一見、チェーン店風ですね。
(実際、チェーン店なのかな?)
でも、この辺りでは一番新しい感じですね。

060415_14390001_1

メニューは基本の醤油・味噌・塩の他に、
色々と定食がありますねぇ~。
それから、お酒とつまみにメニューが不思議と多い。
店内には代行の電話番号が貼ってある所から、
夜には飲み屋さんになるらしい事が予想されますね。

メニューの名前から妙に自身のありそうな
『ザ・千成』を注文しましたよ。
う~ん、一体何ラーメンなんだろうか…。
名前からは全く分かりませんね。

060415_14470001_1

寡黙なご主人が出してきたのは、塩ラーメンでしたね。
野菜炒めたっぷりなのが、とってもヘルシーな感じ。
一見、『なんだぁ、ただの塩ラーメンかよ!』
と思いましたが、スープを一口すると…
(`・ω・´)ムムッ!やるなっ!
単なるあっさりスープではなく、味わい深い物があるよ。
最初は気付かなかったけど、これはニンニクだね。
ホント隠し味程度のニンニクが使われてるよ。
やたらとニンニク臭いのは苦手ですが、
このお店は使い方が上手いですねぇ~。

具材は野菜炒めのみです。
キャベツ・モヤシ・ニンジンの炒めもの。
どれもシャキシャキしてて、良い歯ごたえ。
味わい深い麺とスープの引き立て役に
徹しさせておりますね。

麺がなかなかの驚きものでしたョ。
中細のストレート麺で、程良い歯応え。
でも、普通の麺とはちょっと歯応えが違うね。
決して固ゆでではないんだけど、
モチモチというんじゃないですね。
あえて言うなら、う~ん…ぽれぽれ?
何か、この表現が一番シックリくるね。
そして、風味もちょっと違うんですよ。
食べる度に『とうもろこし』のような風味がする。
何かとっても不思議です。
もしかしたら、小麦粉にコーンスターチが入ってるのかな?
(間違ってたら、私の舌がおかしいみたいです…。)
とにかく、新感覚で美味しかった。

060415_15000001_1

正直、野辺山は何も無くってつまらんかったけど、
このラーメン屋さんに出会えただけで満足ですね。
一度お試しあれのラーメンですね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ザーサイ豚肉ラーメン&エビチャーハン @ 一壺天 (長野県上田市)

本日 行って参りましたのは、
上田市にある中華料理屋『一壺天』。
前からこのお店の前を車で通り過ぎる度に、
入り口のネオンが気になっていたお店なのです。
でも中華料理屋って、
1人だとイマイチ入り難いんだよね。
そんな雰囲気を醸し出しているんだよ。
でも、今日は同寮たちとのラーメン会なので、
中華料理屋だってヘッチャラさ。

060409_18240001

概観はあまり中華料理屋っぽくも、
ラーメン屋っぽくも無いお店ですね。
どっちかって言うと、オシャレな軽食屋さん?
店内もスッキリと綺麗で、私の好きな感じ。
小さい飲み会をするには良さそうな雰囲気だよ。
そして、通された座敷席もちょっと変わってたね。
普通、座敷席っていうと座布団だけど、
このお店の座敷は低めの椅子でしたョ。
同寮と顔を見合わせて、『お~、なんじゃコリャ!』。
なかなか、面白くて良いかもしれない!

060409_18250001

メニューも、なかなか豊富でしたね。
どれも美味しそうで、迷いに迷って決めたのが、
『ザーサイ豚肉ラーメン&エビチャーハン』のセット。
中華料理屋っていう事もあって、
麺以外にも、一品料理も色々あったよ。
こんなんで飲み会したら、絶対満足するよ。

060409_18350001

060409_18360001

060409_18370001

まず最初に登場したのが、エビチャーハン。
セットメニューなので小盛りだったけど、
これが美味しかったぁ~。
エビのイイ香りがコメにも移ってて、
程よいパラパラ感が絶妙!
ん~、美味い!美味いよぉ~。

060409_18490001

そして、メインのザーサイ豚肉ラーメンも登場!
ザーサイと豚肉が細く千切りにされていて、
これが麺と一緒に食べるのには最適なんですね。
流石は、中国4000年の歴史です。
ザーサイのコリッという食感と、
豚肉の旨味と共に、麺を啜り込む至福の時。
これもまた、美味しいね。
始めのうちは…。

060409_19000001

麺はちょっと透明がかった緩いちぢれ麺。
正直、これにはちょっと違和感を覚えました。
普通の中華麺と違うような…。
中華麺って、基本的に細麺ストレートなのです。
それに食感も若干固め。
それが結局、全体的な不調和となってきてる感じ。
同寮の注文した坦々麺も同じ麺で、
『美味しいけれど、麺とスープが合わない気がする…』
という酷評を漏らしていましたョ。

スープはあっさり鶏ガラ醤油。
具材はザーサイ・豚肉に加えてチンゲン菜と刻み葱。
それぞれ美味しいんだけど、なんか単調ですね。
だんだん飽きてくるというか、そんな感じです。
中華料理なんだけど、中華っぽくない。
それは辛味、酸味、旨味みたいなのが、
ピンぼけしてからだと思うんだよね。
これだったら、サンラータンメンの方を
注文すれば良かったかも…。

総評としては、雰囲気はかなり良かったのに、
味は『まぁ~そこそこ』って感じかな。
もうちょっと頑張って欲しいなぁ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »