« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

胡麻だれ四川ラーメン @ げんこつ屋 (長野県佐久市)

今晩の夕食は、先週のリベンジ!
先週、不定休にぶつかって食べれたかった
佐久市の『げんこつ屋』を再び訪れました。
今日はバッチリ開いていた様で、
着いた時にちょっとホッとしたね。(。・д・。)フー

060526_18310001

夕飯の時間帯には ちょっと早めに行ったので、
お客さんは先客に2人だけでしたよ。
カウンターのいつもの席に座り、
お目当ての『胡麻だれ四川ラーメン』を注文です。
そしてココに来ると、決まって漫画を読むのです。
『ブラックジャックによろしく!』
漫画の内容によっては不味くもなりそうだが、
必ず手にとってしまいますね。
まぁ、この本を置いてる店長も店長だし…。

お客も未だ少ないせいか、結構早めに出てきましたよ。
どど~ん!ココのお店は、ラーメンの出し方が微妙…。
カウンターの上にお盆が用意されるんだけど、
その上に『ヘイッ!お待ち。』ってな感じ。
ちょっと上にあるドンブリをお盆ごと下ろすのは、
ちょっと危険です。いや、かなり危険かも!?
毎回、ドキドキしながら下ろしてる気がするよ。
でも、このお店、美味しいから許すッ!

060526_18350001

さぁ~て、今年の新作はどんな感じかなぁ~。
スープを一口…、んっ?薄い?
と思ったら、とんでもなかった。
基本的に坦々麺的なラーメンなので、
胡麻ペーストと若干分離しがちなのですョ。
下の方には濃厚な胡麻ペーストがっ!
どんっ!と来るコク。
そして、四川だけにピリリッと辛いね。

坦々麺的でも、流石は『げんこつ屋』だ!
メニューにある どんなラーメンも、
全てが『げんこつ屋』テイストだよ。
言わば『俺流』って感じでしょうか?店長!
独特の平打ちプリプリ・シコシコ麺。
スープには一面、刻み葱・胡麻が盛り沢山。
これぞっ、げんこつ屋ですねぇ~。

060526_18450001

坦々麺と感じた理由はスープでなく、
その上に盛られた挽き肉ですョ。
挽き肉といっても、結構ゴロッとした挽き肉。
食べ応えは十分ですね。
しかも、甘辛い感じがスープと合って絶妙!

あえて欠点を言うならば、麺が少ないって所?
コクがある故に、だんだんクドく感じる所もね。
まぁ、麺が少なく感じたのも美味しさ故かな?
残ったスープだけでも、十分なボリューム。
非常に満足の一杯でしたよ。
佐久市では、一番好きなラーメン屋です。

060526_18480001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

醤油キノコ・岩のりラーメン @ 麺や 和 (群馬県前橋市)

先日、私が好きだったラーメン屋『麺屋 黒船』前橋店が、
別のラーメン屋へ新装開店していた事を知りましたョ。
どうしようか迷ったものの、ずっと気になっていたもので、
今週末に行ってしまう事にしました!

060520_13180001

新装開店した店名は『麺や 和』。
未だ開店して間もないのか、駐車場には花輪が。
『麺屋 黒船』はチェーン店だったけれども、
『麺や 和』はどうなんだろう…?

店舗が多少改装されたみたいで、
店内が広くなっていましたよっ!
以前は、基本的にカウンター席のみで、
一応テーブル席あるものの、
小さいテーブルのが1つだけでしたね。
それが座敷席が4テーブル分も増設!
わぁ~お、これなら複数人で行けますね。

それに食券制から注文取り制になったね。
食券制って、ちょっと嫌な感じ…。
メニューの選択を急かされてる気がするし、
店員が横で食券を待ってるのは意味無いじゃん!
ってな事で、私には嬉しい変化ですョ。
お店の雰囲気も随分変わりましたねぇ~。
ジャズの流れるお洒落バーの雰囲気から、
ファミリー層まで来れるカジュアル感が出たみたい。
幅広い客層を取り込むにも、正しい判断ですね。

060520_13210001

『おぉっ、メニューが多いっ!』
とにかくメニューの豊富さにビックリです。
基本的な醤油・味噌・塩の3種類のスープですが、
トッピング系がめちゃくちゃあるね。
そんな訳で、何を注文しようかと
しばらく迷いって、“おすすめ”らしい
『醤油キノコ・岩のりラーメン』を注文しました。
驚いたのは、麺の量の値段です。
1玉でも、1.5玉でも同じ値段だって。
これはハラペコな時には嬉しいですねぇ~。

そして、出てきたラーメンもビックリ!
その迫力に圧倒されましたね。
結構大きめのドンブリに、
どどんっ!と盛られたキノコ&岩のり。
これは食べ応えありそうだね。

060520_13240001

麺は細麺の緩いストレート。
これがツルツルのプリプリ麺で、
とっても良い食感ですよ。
スープはスッキリ鶏がらベース。
それに岩のりのイイ香り漂い、
キノコの美味しい出汁が加わって、
ほんとイイ味を醸し出しているよ。
これは素晴らしいですねぇ~。
キノコのプリプリ食感もGood!
モヤシとシナチクのシャキシャキ感もGood!
全体的に食感が良いですね。

総評としては美味いです。
そして、ボリュームも満点!オススメです。
キノコ・アサリ等のイイ出汁の出る食材を
使ってるラーメンは、間違いなく美味いね。
そんな事を改めて感じた一杯です。

060520_13400001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つけめん味噌 @ らーめん力丸 (長野県佐久市)

本日は夕食前に退勤できたので、
夕食にラーメン屋に行って参りましたョ!
まず向かった先は、佐久市の『げんこつ屋』。
最近、坦々麺を始めたという情報をゲットしたからね。
しかし…、やってない…。
私と『げんこつ屋』は、どうも相性が悪いんですよ。
休業中に当る割合が5割ぐらい。
私の片思いも、またもフラれた模様。

そんな訳で、その近くに店舗を構える
『らーめん力丸』にて食事をする事にしました。
ここは久々ですねぇ~。去年の8月以来です。
店構えは全く変わってません。駐車場の狭さも…。
最初は突っ込みで停めちゃえば良いんだけど、
出る時が大変ですねぇ~。とても注意が必要。
交差点の角だけに、車も結構来るしね。

060519_19170001

基本的にメニューは変わってませんでしたが、
どうやら『つけ麺』が加わった模様ですね~。
これは食べてみなくっちゃっ!
早速、店長に『つけめん味噌を!』と言うと、
一言、『まずいよっ!』
Σ( ̄□ ̄||)えええっ!
もぉ~、ビックリしたよ。
なんつ~ことを言い出すんだ、このオヤジ。
仕方なく…、
『じゃあ~、何が一番自信がありますかぁ?』
と聞くと、間髪いれずに
『つけ麺っ!!』 (*゚ノO゚)<オオオオォォォォォォォーーーーーイ
一体、どないやねぇ~ん!

060519_19190001

何でも、この“面白オヤジ”のクチには合うけど、
そのストライクゾーンにハマるお客が少ないらしい。
あぁ…そうですか…、良くわかりましたです。
ちょいと悩んで、『じゃ~、挑戦してみます。』と注文。
『挑戦』と注文したのは初めてですね。($≧艸≦)

宴会客がいたので ちょいと待ちましたが、
出てきた物は なかなか美味そうぉ~!
それに、つけ麺で味噌は初めてですよ。
ちなみに、私のつけ麺の基準は
大勝軒系列の『丸長』ですので、
基準はそれなりに高いですぞぉ~!

060519_19380001

まずは麺。
如何にも手打ちって感じで、
モチモチと良い歯応え。
やっぱ、つけ麺は麺が命ですよねぇ~。
丸長よりは、ちょっと柔らかめかな?
それに、ちょっと麺が少ないのも、
気持ち寂しい感じがしますなぁ~。

そして、スープ。
まず、欠点から言っちゃいますけど、
『臭い』・『ぬるい』の2点。
スープは豚骨と魚介のWスープで、
豚骨の臭み取りをしていないらしい。
これに関しては好き嫌いがありますけど、
九州人ではない私は、豚骨臭は苦手です。
あと、スープがもっと熱かったら、
もっと美味しく食べれると感じたね。

それ以外は、美味いですよ。
モヤシはシャキシャキ!
チャーシューは良い味出してる。
そして、若干スパイシーなスープは、
大勝軒系列と同じ感じだね。
きっと参考にしてるんだろうなと察したね。
そのスパイシーな感じが味噌と合う!
とても良い発見でしたね。

結局、スープまでペロリと平らげて、
面白オヤジに『なかなか美味しかったです。』
と言ってきました。
皆さんも、面白オヤジに会いたかったら、是非!

060519_19470001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旨味とんこつ(こってり) @ らーめん きわめ (長野県上田市)

本日は、信州のラーメン・ブロガー達がこぞって
ブログに取り上げられていた『熊本ラーメン』を
食べたかったのですが…、片道1時間かけて
行ってみると『本日、臨時休業』の張り紙が…。
まさか、こんなピンポイントで休業日に当るとは。

そんな思いを引きづりつつ向かった先は、
上田市に数ヶ月前に開店した『らーめん きわめ』。
気になりつつも行ってなかったお店だったので、
この際に寄ってみる事にしましたョ。

060514_18170001

外見は最近の流行を意識した店構え。
ラーメンも最近を意識した『とんこつ』を
前面に押し出してますョ。
う~ん、ちょっと流行に流されてる感があるけど…。
店舗入り口には、ちょっと気になる張り紙も!
『占い 恋占い・悩み相談等 承ります。』
Σ( ̄▽ ̄ノ)ノえっ!ここはラーメン屋ですよね?
ちょっと不思議なお店です…。

060514_18180001

店内はレイアウトが悪いのか、
お客が入れるのか入れないのか微妙…。
テーブル席なのに、隣合うように
2人がけってのがあるのにウケたョ。
これは座る人おるのか?

060514_18210001

とにかく前面に『とんこつ』を押し出してて、
『旨味とんこつ(こってり)』と
『美味とんこつ(あっさり)』とがありました。
う~ん、ここは旨味の方でヨロシクです。
何とこの店では、チャーシューも選べるとの事。
『バラ肉』と『肩ロース』で選択できますが、
主な違いは、脂身の入り方らしいです。
ちょっと迷って、脂身少な目の肩ロースをチョイス。
さぁ~て、どんなのが出てくるんだろう。。

060514_18200001

でてきたラーメンは見た目からコッテリ。
麺も細麺なので、とっても九州豚骨って感じ。
しかし、スープが濃いっ!
もうトロッとした感じの豚骨スープですよ。
コッテリとは書いてあったけど、ここまでとは…。
食べた瞬間、上田駅前の『武士』を思い出しますが、
あそこのスープよりは、ちょっと緩いかな?

060514_18320001

『細めストレートちょいかた』の麺を食べると、
とっても豚骨って感じですねぇ~。
久々の豚骨だったので、思わずズルズルッと
たいらげて、替え玉まで頼んでしまいましたよ。
でも 心なしか、出てきた時より替え玉の方が
麺の量がある気がするョ。
もしかして、麺の量のバラツキがあるのかな?
気のせいかも知れませんが…。

コッテリな為に、最後の方はちょっとクドいね。
一応、紅ショウガがあったけど、高菜もあると良いよね。
総評としては、典型的な九州豚骨って感じ。
でも、佐久の『ばりきや』が無くなってしまった今、
豚骨が食べたくなったら、ここに来たら良いかもって感じ。
今度は あっさりの方を試してみたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激旨チゲ味噌めん @ 麺工房 陣内 (長野県上田市)

連休最終日の昼食として、上田市のラーメン屋さん
『麺工房 陣内』に行って参りましたよ。
ここは以前は別のラーメン屋さんでしたが、
いつの間にやら、新しくなっておりましたね。
とてもチェーン店ぽいですが、
今風のラーメン屋さんになって、
ずっと気になってたので行ってみましたョ!
立地条件が悪く、交差点の角にあるので、
ちょっと車で入り難い場所ですなぁ~。
駐車場も若干セマめなので、駐車し難いっ。
これから行く人は心して行って下さいネ。

060507_12370001

060507_12390001

060507_12400001

店内は広過ぎず狭過ぎずで、
ちょうど良い広さなのかな?
落ち着く雰囲気で、感じの良い店内ですね。
カウンター席が埋まり気味で、
微妙に座り難いなぁ~と思っていたら、
『広い席にどうぞぉ~!』という事で、
お一人様で4人掛けテーブルに座っちゃいました。
置いてある漫画が『はじめの一歩』
だけってのには、正直驚きましたョ。
しかも、1巻は誰かがすでに読んでて無いし…。
その他は、新聞と雑誌がちょっとだけ。
この辺の充実が急務ですョ、店長っ!

060507_13080002

メニューは、基本的に味噌を主体としてるんだけど、
どれもこだわってそうな感じで非常に迷う…。
それと、価格帯も比較的高めですね。
基本的に \800~900円って所ですョ。
う~ん、迷いに迷った結果、
メニューの一番最初に自信ありげに載っていた
『激旨チゲ味噌めん』を注文しましたよ。
どうやらこのラーメンには、
自家製キムチが付くそうです。

060507_12430001

出てきたラーメンは、見た目赤いよぉ~!!Σ(゜ロ゜」)」
自家製キムチなんて、ラーメンよりも更に赤いし…。
これは辛そうだぞぉ~!と心の準備をして食べ始めましたが、
見た目ほどの辛さは無いですねぇ~。
ちょうど良い辛さに、味噌の風味がよく出ているね。
へぇ~、なかなか良い仕事をしている。

060507_12490001

今回は具材から言っていくと、大量の葱!
それと、モヤシ、シナチク、チャーシュー、焼海苔。
それから、白髪葱ならぬ赤毛唐辛子が飾り付け程度に。
とにかく葱が大量に入ってて、
麺を食べてるのか葱を食べてるのか
時々わからなくなる程だよ。
これはちょっと入れ過ぎでは?と思うョ。
麺が食べたいのに、なかなか辿り付けない系。

060507_12490002_1

やっと辿り付く麺は、中太の緩いちぢれ麺。
プリプリ感が非常に良いですね。
辛味噌スープに良く絡んで、Goodですよ。
麺を掴むと、もれなく葱&モヤシも掴んじゃうけど、
たぶん麺と葱&モヤシとスープの渾然一体となった
感じがまた良いんだろうねぇ~。
この辺は、昔ながらの味噌ラーメンの雰囲気だよね。
そんな感じで食べていくと、
焼海苔の食べるタイミングを失いますョ。
結局、最後に焼海苔だけで食べましたけど…。
焼海苔って、トッピングとして非常に難しいですね。
果たして、このラーメンに焼海苔は必要だった?

麺やら具材を食べてる時には気付かなかった
チゲスープの魚介ダシですが、
最後にスープだけを飲んでみると
じっくりと味わえますね。
うん、これは良いダシがしっかりと出てて、
とっても味わい深いですよ。
スープにコストがかかってるのか、
食べ終わって感じたのが、
ちょっと麺が少ない感じがするって事。
サイドメニューも頼めば良かったなぁ~。
それにしても、食べ終わる頃には滝のような汗が…。
知らぬ内にカプサイシンが意外と効いてるようです。
汗を拭いたティッシュが山のようになってしまったョ。
汗っかきの人は、タオル必須ですよぉ~。
追記として、自家製キムチは水っぽくてイマイチ。

総評としては、チェーン店ぽいのに なかなかやるなっ!
でも、ちょっと価格設定が高めなのが気になるね。
気になる方は、是非一度足を運ばれて見ては?

060507_13080001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

塩チャーシューメン @ 手打ちらーめん おかだ (群馬県みどり市)

あっという間に過ぎ去ってしまった連休8日目の本日は、
笠懸町のラーメン屋まで行ってきましたョ。
フリーペーパーで紹介されてたラーメン屋さんに
行ってみたんだけど、もう見た目でダメでしたね。
今までの経験から、この店には寄るなという予感!
思わずアクセルを踏む足に力が…。
そんなお店を軽快に通り過ぎ、すぐさま次のお店へ。

060505_13390001

そんな事もありつつ、訪れたラーメン屋さんは
『手打ちらーめん おかだ』というお店です。
お店の外見は全く食べ物屋さんっぽくない感じですね。
看板があるから、ラーメン屋なんだろうなと分かる感じ。
ちょっと細い道沿いなので、
カーナビが無いと きっと分かんなかったね。

060505_13210001

到着したのが1時半過ぎだったせいか、
客は私の他に1組だけ…。
一応 情報誌に載っていたお店で
人気店なのかも知れないけど、
ラーメン屋らしからぬ風貌と、
漫画も置いてない、TVも音楽も流れてない店内では、
ちょっとお客も入り難いし、待ってる間も退屈だよ。

060505_13380002

メニューの内容はとってもシンプルだね。
手打ち麺が売りなだけに、醤油・塩・味噌の3種類。
それをチャーシューメンにするかどうかって感じ。
今日はあっさり系で行きたかったので、
『塩チャーシューメン』を注文しましたョ。
もう見た目から美味しそぉ~!!今回は当りだなっ!

060505_13260002

手打ち麺は幅広で太さは疎らだね。
如何にも手打ちって感じで良いねぇ~。
手打ち故のモチモチ系だけに、歯応えも良い感じ。
何処となく懐かしくもあり、落ち着く味って奴ですね。

スープはカツオ&ニボシを主体とする あっさり系。
シンプルだけども良い味。飽きない味って奴ですね。
また、塩気も まさに良い塩梅で、
最後の一滴まで楽しめる絶妙なバランス。
これが薄かったり、しょっぱかったりすると、
途中で飽きたり、辛くなったりするんだよね~。

060505_13260001

具材はチャーシュー、シナチク、刻み葱。
そして、隠し味的に入れられた柚子の皮。
この柚子がなかなか良い仕事をしますなぁ~。
忘れた頃に口の中に爽やかな風味が広がるね。
これも単調な味を飽きさせないポイントかも!?
チャーシューも美味しいっ!
良い感じにほぐれるのに、しっかりとした噛み応え。
最近は とろけるチャーシューの流れがあるけど、
私は 噛み応えがあるチャーシューの方が好みだね。

総評としては、目立たない割りには美味いョ。
あっさり系が好きであれば、是非どうぞ!

060505_13380001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »