« いか墨ラーメン @ 環七ラーメン周麺 (群馬県高崎市) | トップページ | もやしラーメン @ 満福 (群馬県富士見村) »

冷やし塩つけめん @ うさぎや (群馬県伊勢崎市)

大変暑い毎日が続いておりますねぇ~。
私は『お盆休み』中ではありますが、
とても熱い物は食べ歩けない日々が…。
皆さん、『熱中症』に要注意ですぞっ!!

そんな中、随分と久々に来店したのが
伊勢崎の隠れた名店『うさぎや』さん。
(別に隠れてねぇ~って。ヾ(・ω・;))
もぉ~ね、当ブログを始める以前に一度訪れ、
超~感動したお店でありましたッ!
でも、それ以来なかなか来れなかったんデス。
そんな訳で、随分ぶりの来店にウレシス!

Ca390005

このお店のメインは『塩』ですなッ!
しかし、ただのあっさりとは訳がちげぇ~ぜ。
ココの持ち味は、あっさりの中にコクがある。
そんなイリュージョンが楽しめる一杯でしょう!
人はココの店長を『ラーメン会のセロ』と呼ぶ。
(私が今、勝手に命名しましたッ!)

久々ではあるけれど、以前と変わらぬ雰囲気デス。
テナントのライトな雰囲気が結構好きですッ!
あとね、『うさぎや』店員Tシャツ カッコヨス。
ちょっと欲しいッ。非売品ですかぁ~ッ!?
店員は黒。店長だけが赤を許されている模様。

このクソ暑い中、熱いメニューもイイですけど、
やっぱ心惹かれてしまうのは『夏限定メニュー』。
そんなん見たら、もぉ~ね迷わずそれっしょッ!
決まりっしょッ!キーワードは『冷やし』デス。
そんな訳で『冷やし塩つけめん』を注文したよ。

Ca390001

この『冷やし塩つけめん』、まちがいないねッ!
迷わず喰えよ、喰えばわかるさ。ありがとぉ~ッ!
で、レポートを終わりにしちゃっても良いんだけど、
まぁ~ちゃんと書きますよ。もっと伝えたいし。。

まず『つけ汁』ですが、カツオの風味が活きてる。
ふんわりの鼻から抜ける香りが上品でもあります。
でもね、決して柔な味では無いんですよ。。
縁の下でしっかり支えるコクがあるんですよ。
ホント、不思議で御座います。
汁に沈む刻みチャーシューの仕事か?
それとも、別に何らかの技があるのかなぁ?

Ca390003

それにつけ込む麺も結構いい感じデス。
ツルツルな中太麺ですね。
その上には、彩り鮮やかに飾られてますね。
赤ピーマン、金糸玉子、カイワレですねッ!
これがね、意外と食べてる時の見た目が美しい。
コレは女性の感性だと思われますね、きっと。。

そして、驚かされたのが『大根&キュウリ』。
コレをですね、麺と共につけ汁に漬しまして、
一緒に食す訳デスョ!サクサクっと、美味い!
コレ、実に良いデス。あ~ッ、夏だわぁ~♪
こういうセンスが、抜群に上手いと思うョ。

あと薬味として、刻みミョウガと梅肉デス。
結構 麺の量があるんで、しばらく食べてると
多少の飽きが生じるんですねぇ~。。
でも、安心してください。その為の薬味デス。
ちょいと薬味を加えれば、良いアクセントにッ!
うん、ミョウガも良い感じで御座います。
(私の味覚も、だいぶオッサン化してきた模様。)
また、梅肉の酸味が実に良いんですねぇ~♪
夏だけに、実に爽やかに味わえるので御座います。
これはね、この夏に食べておかなきゃダメだよ。
ただ数量限定メニューだから、早めに行けッ!
ぜってぇ~美味いハズだッ!!

Ca390004

|

« いか墨ラーメン @ 環七ラーメン周麺 (群馬県高崎市) | トップページ | もやしラーメン @ 満福 (群馬県富士見村) »

群馬県/中毛地区」カテゴリの記事

コメント

うさぎやさん、冷し塩つけめん。
赤ピーマン、錦糸玉子、かい割大根の色のバランス
大根にきゅうりの千切りをサラダっぽく
薬味にみょうが、梅肉
かめさんはうさぎさんに勝てたのでしょうか?
変に意識して、読みましたが爽やかーになりました。
センスのいいお店ですね。

投稿: 麺’s Table亀屋 | 2007年8月15日 (水) 22時49分

>麺’s Table亀屋さん
どーもデス。
そう言えば、亀屋さんのつけ麺を
未だ頂いておりませんので、
勝敗の方は定かではありませんが…。
お店の雰囲気も、料理の細やかな点も
良いセンスを感じられるお店でした。

投稿: daiji | 2007年8月16日 (木) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39048/7541437

この記事へのトラックバック一覧です: 冷やし塩つけめん @ うさぎや (群馬県伊勢崎市):

« いか墨ラーメン @ 環七ラーメン周麺 (群馬県高崎市) | トップページ | もやしラーメン @ 満福 (群馬県富士見村) »