« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

ふじ麺 + 野菜タワー @ 大黒屋本舗 (群馬県高崎市)

皆さん、今の私は危険デス。 近寄らんで下さいッ!
いやぁ~、数々の噂は事前に聴いていたんですが、
まさかコレほどまでとは思ってもいなかった…。
完全に相手をナメていたという事実は否めません。
そして、完全に打ちのめされた今の自分の現状が、
自分でもハッキリと分かっているんですよ。
今の自分が、とっても 『ニンニク臭い』 って…。
何が一番気になるって、、明日の会社が心配だ…。

Ca390339

去年辺りから、急激のその数を増やしまくっている
群馬県内の『大勝軒』系列のラーメン店。
群馬県のラーメン店って、結構そんな傾向があるね。
同じ店が、怒涛の如く ポンポンポ~ンと出来る感じ。
『大勝軒』系列は、 『暖簾分け』スタイルなのかな?
チェーン店とは違うんだとは思っているんだけど、、
それでも一気に出来過ぎ君。。ちょっと嫌な感じだね。
そんな中、最近やたらと 群馬のラーブロの中で、
騒がれてるラーメン店シリーズで御座います。
それが本日訪れた、『大黒屋本舗』 ですよ。
何をッ!?そんなに、うんまいのかい?
そんじゃ~、一回ぐらい行ってみんべ~や。
っつ~事で、本日は ラー好き猛者4人でのご来店ッ!

Ca390340

意外とこぢんまりした店舗なので、ちょっと迷ったよ。
とりあえず、環状線の『とりせん』目指せばイイみたい。
先日購入した、群馬ラーメン本にクーポン券があって、
『1グループに150円までのトッピング無料』 なのさ。
1グループって所が、何か凄いなぁ~って思ったね。
そんな大黒屋さん、私の苦手とする食券スタイル。
何か食券って、早く買え!的な 焦燥感を感じちゃう。
でも、今日は並んでるお客さんとかもいなかったから、
かな~りじっくりと選んで買えましたッ!
ホント、初来店だと 何が何やらって感じだよねぇ~。。

悩んで決めた 『ふじ盛り』。何だか凄そうなネーミング。
店前の『腹がへったら うちに来い!!』の看板からも、
何となくお店のスタイルってのも 若干見え隠れですよ。
それに加えるが如く、クーポン券の無料トッピングに
選んだのが 『野菜タワー』 ですッ!それも、4人とも。
今日のランチは、フードファイトだからねッ!

Ca390341

店内はカウンター席のみですよ。作ってる様子は
もちろん丸見えなんだけど、何か凄い事になってるよ。
えっ?何ッ!?あの長いザルに一杯のモヤシは…。
何か4つ用意されてるんですけど…。あれ、全部ッ?
すごぉ~いよぉ~。普通に作られたラーメンの上に、
ドカッと盛られる野菜タワー、いや、モヤシタワーッ!
揚げニンニク、どぉ~ん!チャーシュー、ばしばし!
そんな訳で、凄いものを渡されましたョ、わたくし…。
え~と、、コレはどうやって食べるんだ!?

とりあえず、『取り皿』は必須のメニューですねぇ。
取り皿に半分くらいのモヤシを非難させといて、
それから何とか食べ始めて見たんだけれども、
食べても、食べても、モヤシ、モヤシ、モヤシ…。
モヤシって、お腹に溜まる食材なんだって事を、
人生で初めて知りましたョ。って言うかさぁ~、
一度にこんなにモヤシを食べる事、まず無いから。。

Ca390342
※ 野菜タワーとお財布の大きさを比較デス。

スープに浸して食べると、確かに美味しいんだよね。
やっぱ、ちゃんと美味しいスープではあるんだよね。
でも、だんだん味がどうのって話じゃ無くなって来る。
今、目の前のモヤシを処理せねばッ!その一心だよ。
先日TVで見た、ジャンボ白田の引退戦を思い出すね。
『龍門が開いたーッ!』 私のは一切開きませんけど…。

モヤシだけじゃ流石にキツく、途中から麺も食べてるョ。
麺はゴン太麺って感じですよ。凄くコシがある感じ~♪
でもね、このメニューの欠点を発見した。温度ですよ。
とにかく食べるのに時間がかかるから、すでにヌルい。
ヌルくなったスープで食べる麺ほど、残念な物は無い。
でも、ぶっちゃけ言っちゃえば、コレは味じゃねぇ~な。
『自分への挑戦』って奴ですか?話のネタにはなるね。
そんなお店デス。 (どんな紹介だよ…。)

Ca390343

え~と、結局 私は敗戦。。モヤシ完食できず…。
でも チーム戦なので、2勝2敗の引き分けデス。
まぁ、再戦はしませんけどね。。

| | コメント (2)

やきそばと小わんたん @ 日昌亭 (長野県上田市)

今日は無性に 『やきそば』 が食べたい気分ッ!
『急性やきそば食べたい病』 を発症で御座います。
この類稀なる奇病は、あの医龍でさえも治療不可。
唯一の症状緩和策は、やきそばを食べる事デスッ!
と、まぁ…、『何じゃそりゃ!?』の妄想は さておき、
今日は 『やきそば』 を食べに行ったわけですよ。
『おぃおぃ、ラーメンだけの話じゃねぇ~のかよッ!』
と、多くのツッコミが入るとは思いますが、
そこは一応、中華料理屋さんの麺類って所でご勘弁。
その代わり、絶品の料理を紹介しますからぁ~♪

ホントは、当初の目的店と違う所になっちゃった。。
最初はね、東御市の『開花亭』っていうお店で
絶品と評判の『やきそば』予定だったのにぃ~、
最近やたらと評判が高まったせいで、超~コミコミ。
週末は、土曜のランチしかやらんので当然の有り様。
そんな訳で、駐車場に入れずに諦めちゃった。。
そこで キュピーン(-ω☆) と 閃いたねッ!( ニュータイプ… )
あっ、上田市にも 先日検索して調べてた
老舗・中華料理屋さん、『日昌亭』 があるじゃん!
これは、今行っとけ!という、神のお告げ。
こりゃ~行くしかねぇ~べ?だべ?だべ?( 中居くん風 )

Ca390332

食べ歩きを始めてから もぉ~随分と経ちますが、
意外と行けてないお店って アチコチにあるんです。
日昌亭さんも、その内の一軒だよ。
雑誌では あまり見ないんですが、HP・Brog・口コミで
以前から やたらと騒がれていたのを知ってました。
でもね、上田市でも飲み屋街の路地にあるって事が…。
まず、近くに駐車場を探す事からになると大変なの。。
そんな訳で、結構ヘタレな私は 今まで行けずじまい。
でも、類稀なる奇病の発作中の私は (まだ言ってる…)
行ってやるぜ!喰ってやるぜ!ブログってやるぜ!
意欲満々なわけデスョ。もぉ~ね、食欲って凄い。

大まかな場所は、小さな脳みそにインプット済み。
あとは行き当たりバッタリだぜッ!(ちょっと日本語ヘン。)
恐らく近くだろうという駐車場に停めてから、
ちょっとした上田市・路地街散策で御座いますッ!
へぇ~、上田って 意外とゴチャゴチャした街なんだ。。
車で通り過ぎちゃうだけだと、見えない風景が面白い。
細い路地の両脇を、色んな飲み屋がひしめき合う感じ。
きっと夜には、客引きだらけになるであろう路地だね…。

Ca390327

そんな路地をプラプラ進むと、スンナリと発見しちゃう私。
なんだろう、、食べ歩きキャリアから、感が働くのかな?
そんな日昌亭は、戦後の中華料理屋さんの雰囲気。
分かり易く例えると、懐かしのアニメ『ミスター味っ子』 が
働く 『日之出食堂』 な雰囲気。こんなお店、結構好き♪
お店の外からは、中の様子が全然わかりません。。
ホントにココ、営業してるの?と疑いたくなる程ですよ。
でもね、扉を開けてビックリですよ。
おぃおぃおぃ、聞いてねぇ~よ と。。
お店の人も、聞かれてねぇ~と と。。
すっげ、ほんとマジすっげ。席は完全に満席ですよ。
そして、入り口付近で 立ち待ちのお客さんもいる状態。
昔から地元で愛されている人気店なのですねッ!

比較的すぐ、カウンター席に通されて良かった。
でも、私のあとから来た人達が凄かったんですよ。
次々にお客さんが店内に入って来ちゃってさ、
店内なのに 客席の間を ずら~っと行列が…。
どんだけぇ~ッ!いかほどぉ~ッ!凄過ぎやん。
さて、もちろん注文は 『やきそば』 なんですが、
『わんたん』 って選択肢も 『それ魅力!』デス。
そんな訳で、老舗店でも キュートな店員さんに
『やきそばと小わんたん』ってセットの注文だよ。
かなり欲張りな私で御座います。食に貪欲デス。
あぁ、隣のオバチャンが食べてるラーメンも魅力!

Ca390328
Ca390329

客が仰山おるだけに、それなりに待ちました。
『じゃりん子チエ』と『ゲゲゲの鬼太郎』を読む私。
ノスタルジーな気分に浸りまくる私。
そこに登場したノスタルジーな雰囲気のやきそば。
でも、コレはかなり美味しそうな予感がするぞぉ~♪
でね、やっぱり期待を裏切らない美味しさな訳よ。
うん、これは みんな食べに来るわけだよねぇ~♪
特に、昔ながらの美味しさ故に お年寄りに優しい。

まわりがピンク色した中国特有って感じのハム。
コレがイイ味なんですよ。何ハムって言うのかなぁ?
『かたやきそば』の上には、野菜餡がイイ感じです。
そして、金糸玉子とグリーンピースが目に鮮やかッ!
それに、ピンクの美味しいハムのコンビネーション。
もぉ~ね、かなりイイ感じだよぉ~♪美味しいッ!
まぁ、ハム以外は 想像通りの味なんだけどねぇ~。

Ca390330

麺は揚げてあるのか?多めの油で焼いたのか?
途中から結構しつこく感じちゃうのは否めない事実。
でも、中国4000年の歴史は並じゃ御座いません。
ココに登場してくるのが 『お酢』 に御座います。
『お酢』を『やきそば』にサッと掛けて頂くだけで、
サッパリと違った味わいが楽しめるので御座います。
それにも飽きて来ましたら、今度はカラシが御座います。
お酢とカラシのコンビネーションによって、
更に違った味を堪能できるので御座います。
( 以上、『宮廷女官チャングム』風な言い回しデシタ。 )

そうそう、『やきそば』を食べてる途中にやって来た
『小わんたん』。 これもめっちゃ美味かったデス。
予想通りなんだけど、期待を裏切らない感じッ!?
もぉ~、ストライクゾーンど真ん中をストレートにッ!
基本に忠実、ちゃんと美味しいというワンタンです。
あぁ~、これは落ち着く感じの味だわぁ~。
ワンタンも薄いのに コシがあって、だらしなく切れてたり
してない所が好印象ですよ。って言うか、基本!?
もぉ~大満足な昼食でした。

Ca390331

そんな訳で、めっちゃ美味かったよぉ~♪
オススメ!と言っても、既にご存知の方が仰山。。
これ以上 混んじゃっても、常連さんが困るかな?

| | コメント (0)

塩チャーシューメン @ ラーメン雅 (群馬県桐生市)

今週末は、とある講演会を傍聴する為に母校に訪れました♪
個人的興味を満たし、偶然にも4年半ぶりに同級生と再会ッ!
おぉ~ッ、ビックリ!何はともあれ、元気そうで何よりですよ。
そんな訳で、地元群馬でも なかなか訪れない東毛地区に
来たんだから、そりゃ~このチャンスを逃す手はないと。。

Ca390324

今年も出版されたラ族のバイブル!ラ族のマストアイテム!
『これが群馬のうまいラーメン 07-08最新版』 ヾ(・∀・ヾ(・∀・
この本は、石神&樹庵 最強タッグが紹介するラーメン本で、
私は毎年欠かさず購入しているんですよぉ~。
今週 地元群馬に戻ったのは、コレを購入する為と言っても、
決して過言ではないのだッ!( 時効警察タイトル風~♪ )

という訳で、講演会が終るや否な 既に購入済みのバイブル
にて入念にチェック!滅多に来ない東毛地区を中心に検索。
そして、前年号にも掲載されて 気になっていながらも、
なかなか行く事が出来なかった『ラーメン雅』に決定デスッ!

Ca390318

なるなる~♪ このバイブルによると、佐野ラーメン系には
珍しい塩味を出すお店なんだとか。。それは 良いネタだッ!
ハッキリ言って、佐野ラーメンの違いの分からない男デス。
佐野市には、コレでもかって言うぐらい しこたまラーメン屋
があるんだけど、何処も同じ味なんじゃねぇ~のか?と。。
って言うかね、そもそも 超~あっさり系の佐野ラーメンで、
むしろ違いを出す方が難しいんじゃなかろうかと。。
そんな訳で、彼此3~4年前に佐野市に食べたラーメンに
猛烈に落胆して以来、佐野ラーメンを食べていない私デス。
ついでに言うと、それから連想する『佐野実』は大嫌いデス。
何故に あそこまで、無駄に偉そうな…。

さて、お店に到着ッ!既に13時半を回ってた事もあってか、
お客さんは子連れ夫婦とオッチャンと私の5人だけデシタ。。
では早速、決めていた『塩チャーシューメン』を注文デス。
さて、佐野ラーメン系の塩って、どんなもんなのだろう~?

Ca390319

そして、出てきた一杯は、とても美味しそうな一杯でしたョ。
塩だけに、お湯と見間違うばかりの澄み切ったスープは、
その印象とは一変、確りと基本に忠実に、そして美味いッ!
でも、何だろう?このイイ感じの風味は・・・、ラー油ッ!?
辛さの抑えられたラー油のゴマ風味がほんのりと漂って、
風味にグッと奥ゆきが広がってるんですよッ!これはイイ。
それに、ニンニクが入っていなかった事が最大のポイント。
だって、以前に佐野ラーメンで落胆した最大の理由がそれ。
あっさり系にニンニク入れちゃったら、そればかり際立って、
ニンニクが苦手な私には 罰ゲーム的一杯だったから…。
そんな邪魔アイテムは一切入りません!
そして、このラー油は 大正解で御座います。

Ca390320

麺は『手打ち』ってな感じの、ピロピロ~っとした平打ち麺。
この麺は、やっぱり あっさりスープでもしっかりと絡むッ!
まさに塩ラーメンの為に作られたような麺ですなぁ~。
啜った感も良し、噛んで食感良し、食べ応えも良し!
そんな訳で、実に満足なる一杯でしたよぉ~♪
具材として添えられてる『水菜』も、イイ感じだったしぃ~。

気になられた方は、是非ッ!
但し、国道50号は みんな飛ばしがちな道路だから、
うっかりすると通り過ぎちゃうかも知れない…。

Ca390321

| | コメント (2)

秋刀魚らーめん @ 麺処みどり (群馬県高崎市)

まず始めに、これだけは言っておきたいッ!
『このお店は当たりだぜッ! (o・ω´・o)bグッド 』
あっさり系のお店で、久々に名店発見って感じ。
まさか、こんな美味しいお店があったとは…。
ちょっと来店に出遅れた感が否めないッ!

日頃より、色んな方のラーメンブログを拝見させて
頂いているんですけど、最近 群馬エリアのブログで
やたらと取り上げられるお店が一軒あったんです。
それが『麺処みどり』さん。私、全然知らんのやけど…。
大型ルーキーの登場って奴ですかッ!?
でも、色んなブログ記事をよくよく読んでみると、
以前は大間々町の方でやっていたんだとか。。
え~っ、それも知らん。こんな名店が隠れてたなんて。

Ca390311

そんな訳で、ようやく行ってみたんですけれども、
想像以上に地元の人気店ッ!超~コミコミじゃん。
高崎市内の超~マイナーエリアにありながらも、
到着時には ちょうど駐車場が満車状態でした。。
もともと駐車場が めちゃ狭なんですけど、
同じルートを通って来た前の車も、後ろの車も、
目的地が同じこの店って所も、また凄いって感じ。
私は致し方なく、近くの某小売店の駐車場に…。
帰りに買い物していきますんで、許してちょッ!

お店の外観も内装も、とてもラーメン屋とは思えない。
ちょっとした小料理屋みたいな和の感じで、イイ雰囲気~♪
これだけの人気店でも店内はこじんまりとしてるので、
当然の如く 行列のできるラーメン屋になってるよぉ~。
小料理屋っぽいお店に行列って、、とても似合わない。。
お店の中の待合席は2席だけ。あとは外で行列って感じ。
私はタイミングが良かったのか、すんなり店内で待てたけど、
私が帰る頃なんて、外に4~5人の行列が出来てたもん。
おそるべし!麺処みどり。

Ca390306
Ca390307_2

ちょっと待った後、5席しかないカウンターのいっちゃん端に着席。
『親方、大トロ!』と、言ってしまいそうな雰囲気。(*≧m≦*)ププッ
メニューは至ってシンプル構成。基本的に、らーめん or つけめん。
これも自信の表れでしょう。こういう店って、かなり期待できるんです。
どうしようか迷っていると、ふと見つけてしまった『秋限定メニュー』。
あぁ、限定…。“限定”という響きに、如何せん激弱な私であります。
そんな訳で、秋限定の『秋刀魚らーめん』を注文しましたョ。
ココの女将さん、超~美人だよ♪人気の一因を担ってるに違いないッ!
そんな美人女将から、『麺は普通のと、全粒粉入りがありますが…』と。
う~ん、どうせなら面白そうな方で、ヨロシコ!(どんな頼み方だよ。。)

さてさて、出てきた一杯のドンブリは、このお店の作品とも言える一杯。
ホント 小料理屋の料理的な、見た目の美しさってのが漂ってるよね。
かなり完成度の高い、隙の無さをうかがい知れる感じだよ。
すっ、隙が無いッ。どっから食べればいいんだッ!(好きに喰えって…。)

Ca390308_2

いやぁ~、実に面白い一杯だったよ。『変幻自在の7色味』って感じ。
麺だけ食べた時、他の具材と食べた時、またその前後の移り変わり、
それぞれの瞬間によって、味の表情が刻々と変わるんデスョ。
おぉ~ッ、これは素晴らしい。味の職人芸を魅せられたって感じだよ。
しかも その瞬間、瞬間、どの表情を見ても それぞれが素晴らしいです。
非常に美味しい一杯だよ。これは、久々に感動したねッ!

それ故に、味が一概に表現し難いってのが ブロガー泣かせな感じ。
まずスープですけど、ホント面白かった。ちゃんと『秋刀魚』の味がする。
そう、あの焼いた秋刀魚の味で御座います。いやぁ~、美味いねぇ~♪
その香りが ふわっとしている時にチャーシューを食べますと、
これが不思議、美味しい焼魚を食べてるような錯覚に陥りますよ。
人間の感覚って、繊細でありながらも 結構いい加減だったりするのかな?

Ca390309

具材の中に『みつば』が入ってるのが、非常に素晴らしい相性です。
みつばのクセを食べる事で、秋刀魚の尖った部分がサッと消えるんです。
そうすると、また違ったスープの一面が垣間見れて、新世界が広がるね。
この味もまた美味い!という、そんな多重構造が最後まで飽きさせない。
味玉を食べた後も、半熟の黄身の濃厚さで 味に奥ゆきが出てたりして、
また麺であれ、スープであれ、味の表情を一変させるのです。
これはぁ~、一度食べないと わかんないだろうなぁ~。
でも、これ以上混んじゃうと、更に行き難くなっちゃうんだろうなぁ~。

ちなみに、『全粒粉入り』という麺。
食感が蕎麦っぽいテイストで、なかなか美味しかったよ。
普通の麺を食べていないんで、比較評価が出来ないけど…。

Ca390310

| | コメント (8)

バカうまラーメン+おかみさん餃子+皿ワンタン @ 花の季 (栃木県宇都宮市)

先週末に開催された 『信州ラーメン博』の興奮冷め止まぬ中、
あの素晴らしい感動をもう一度ッ!(命かけてとは誓わない…)
そんな訳で、私のほとばしる情熱が只今暴走中で御座います。
だって、ホントに行っちゃうんだもの、栃木県宇都宮市まで…。
信州ラーメン博に、県外から参加・出店されたお店『花の季』。
もぉ~その美味しさたるや、私の中では1位・2位の近差だよ。
という事で、ほどばしる情熱の暴走に任せて気付けば宇都宮。
随分と遠くまで来ちゃったよ。。

Ca390298

今週末、私の会社では細々とした休日を寄せ集めて4連休ッ!
この季節、まさに『行楽シーズン』な訳ですな。旅せねば~♪
そんな訳で、日光観光を兼ねた食べ歩きに猪突猛進な私デス。
ナンダカンダ観光しまくって、『花の季』に到着したのは13時。
早朝5時に出発してから8時間経過しており、多少の疲れが…。
それにしても『花の季』さん、噂通りの人気っぷりで御座います。
40台分の駐車場が結構な勢いで埋まっておりますよ。
さすがは、TVチャンピオン準優勝者のお店だけはありますなぁ~。

今回、絶対確認しておきたかった事が1点あるんですよ。
それは、信州ラーメン博で出された『バカうまラーメン』が
お店で出されている物と同じなのかッ!?って事デス。
その真相を確かめるべく、気合いを入れて いざ突入ッ!
『たのもぉ~ッ!(心の声)』
『いらっしゃいませ~♪お好きな席へどうぞッ!』
店内はとても広く、爽やかな秋の風が心地良く通り抜けます。
お店の真ん中には、ドデカイテーブルがドンッ!と存在。
あとは窓側に座敷席が並んでるといった感じだったかな?
私はドデカイテーブルの一席にちょこんと座りまして、
注文取りが来るのを、ちょっとドキドキでスタンバイッ!

Ca390299

注文取りに来られたのは、お店の『おかみさん』でした。
『あの~1つ聞きたいんですけど、この“バカうまラーメン”って、
 “信州ラーメン博”で出してたのと 全く同じなんですかッ!?』
そう聞いてみると、おかみさんは さすがに驚いたようです。
だって、信州から食べに来てる暇人がいるんだもんねッ!
『えっ!?信州ラーメン博で食べて、来られたんですか?
 今、親方を呼びますからッ! 親方ぁ~ッ、○×△□・・・。』
もぉ~、おかみさんボルテージも急上昇って感じでしたョ。
優しい顔した親方も厨房から顔出して、挨拶してくれましたッ!
おぉ~ッ、そんなに歓迎されちゃうと、私も何だか感激デスッ!
ただのラーメンバカで、暇人なだけなのに…。

おかみさんの話によれば、信州ラーメン博で出した一杯は
お店で出ている一杯と、全く同じ味なんだそうデスョ~♪
おぉッ、またあの感動の味が食べれるんだぁ~と、喜びデス。
それと、今まで夜しか出してなかった『おかみさん餃子』を、
ランチでも出す事にした直後だったらしいよ。ナイスタイミング~♪
おかみさんも 『せっかく遠くから来たんだから…』 と熱弁ッ!
私も その熱意に応えようと、もちろん餃子を注文したさッ。

Ca390300

しばしの待ちの後、美味しそうな一杯が到着したよぉ~♪
そうそう、コレコレ!やっぱ本物は更に美味しそぉ~だよ。
本物版には味玉が付いているんだねぇ~。超~美味そうッ!
そして、一番違ったのは 一杯の量ですかッ!?
結構デカめのドンブリだから、それなりにボリューミーだよ。
これは、しこたま喰えますな。腹ヘリな私には嬉しいサイズ。
(しかし、後に響いてこようとは、この時の私は知らない。。)

スープは もちろん『和風とんこつ』の優しい味で御座います。
ホント、親方の人柄がスープにも溶け込んじゃってる感じだよ。
じんわり美味いッ、しっかり美味いッ、心に染みる優しさの味。
そして、麺。 これもスープの加減とベストマッチな麺だよねッ!
中細やや平ストレートな麺は、食べ応えがあって美味いデス。
そうだぁ~、この味だぁ~♪ かなりマニアックに感動してる私。

Ca390301

そんな私の元へ店員さんが運んできた一皿は、
『餃子』ではなく、えっ!?『皿ワンタン』ですか??
すると、店員さんの一言に 超~驚きましたッ!
『親方からの気持ちですッ!』
うほぉ~ッ、ナントそんな事までしてくれるなんて、
daiji、感激~ッ!ジーン...(≧ω≦。)
(↑元ネタ古いが未だ20代。年齢詐称はしてないデス…。)
その『皿ワンタン』、プリップリってな感じで 超~ウマス。
あ”~ッ、運転じゃなかったら、これでビール行きてぇ~ッ!
かなり美味いけど、一口でいくと火傷しちゃうそうだよ。

そうそう、お通しとして『カブの酢漬け』も出されましたよ。
これがね、シャキシャキっとした歯応えに、
爽やかな酸味が とってもイイ感じデスッ!

Ca390302

そうこうしている内に、続いて『おかみさん餃子』も登場。
何か私の目の前が、軽く宴会状態みたいになっちゃってます。。
何かスゲェ…。ギャル曽根でもないのに、どんだけぇ~ッ!
おかみさん餃子はね、野菜の味・風味が活きてるって感じだよ。
公式HPによると、季節ごとに中の食材も変わるんだそうで、
今の季節は『山形青菜』らしいよ。とっても風味がイイです。
とっても美味しかったし、形も“勾玉”みたいで面白いねぇ~。
コレも一口で食べると危険ッ!私は案の定、火傷しました。。

<花の季 公式HP>
http://www.bakaumaramenhananoki.com/

Ca390303

さすがに ココまで料理が並ぶと、かなりの満腹感だったよ。
って言うか、途中からフードファイト的な気分になってる私。
あぁ、戦ってる!戦ってるよ、私。戦いに来たわけじゃないのに…。
お腹いっぱいでも、親方の気持ちが非常に嬉しいので、
何とか全部を食べきりましたッ!何だかギャル曽根ちっく~。
でも、どれも全部美味しかったなぁ~♪
お会計の時にも 親方がわざわざ出てきてくれて、
『とっても美味しかったデス!』と熱烈なる感想を伝えました。
親方も、『また来てねぇ~』と。。出来れば、また来たいデス。
でも、遠い…。

| | コメント (2)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »