« ランチバイキング @ まる鉄 (群馬県伊勢崎市) | トップページ | 色んなパン @ パン工房シエル (群馬県高崎市) »

黒ビールで作る絶品ビーフシチュー

つい先日、古巣の小諸へ出張に行ってきました。
どうやら小諸の同僚も当ブログを見ているらしく、
以前の記事のビーフシチューが食べてみたいと
同僚から言われました♪ふふふっ、そうでしょう。
知人のマイクから新たな情報を得た事もあって、
創作意欲に火が付きました。よし、作るぞーッ!

Sdsc_0490
『今回の材料たち』

今回得た新たな情報ってのは、“ビール”で作る
ビーフシチューがあるって事。更に詳しく言えば、
高崎のアイリッシュパブでは、ギネスビールで
作ったシチューがあるって事なんですけどね。。
でも、ワインじゃなくビールにすればいんじゃね?
ギネスビールも飲んだ事あるし、何か分かった!
要は“黒ビール”使えばいいんだよ。

Sdsc_0491
『アメリカンビーフの下ごしらえ後』

安く済ませようと『麦とホップ』の黒を探したけど、
意外と売ってないんだよね。。なんでやねーん!
致し方なく、『アサヒスーパードライ』の黒を購入。
ちなみに500mlを購入。余りを飲む事も計算済。

Sdsc_0492
『表面に焦げ目が付くまでこんがりと』

コストコで買った巨大な牛肉をやっと消費できる。
冷凍焼けしちゃった外側は削ぎ落としましたけど、
それでも400~500gって所かな?十二分な量。
それを塩コショウ、少量のワイン、おろしニンニク、
オールスパイスをまぶして混ぜておきます。

Sdsc_0493
『プランターで栽培してるローズマリー』

小麦粉を大さじ1~2杯くらいかな?をまぶしたら、
フライパンで表面に焦げ目が付くまで炒めます。
それを鍋に移したらローズマリー、チキンブイヨン、
ローリエ、そして黒ビールをひたひたに浸かる位
(350mlぐらい?)入れて、1時間は煮込みます。
話逸れますが、スーパードライの黒、超ー美味い。

Sdsc_0494
『黒ビールは肉がひたひたぐらいでOK』

煮込んでる内に野菜の方を準備しちゃいましょう♪
今回も玉ネギ、ニンジン、マッシュルーム、セロリ。
そうそう、セロリ以外はあらかじめ炒めておきます。
玉ネギの甘味が出るのと、肉を炒めた後の汚れを
野菜でキレイに落とす2つの意味があるんですよ。

Sdsc_0496
『野菜をアメ色になるまで炒めます。』

“炒めた野菜”を鍋に追加して、ニンジンが柔らかく
なるまで煮込みます。その後にセロリを追加します。
セロリは若干食感が残ってる位が美味しいですよ。

Sdsc_0498
『セロリは最後に投入します。』

そうだ、重要なポイントを書き忘れておりました。。
炒めた野菜を鍋に入れる際に入れる物があります。
ハチミツを1回し(醤油感覚でダァーッ!っと)、
それから今回トマトペーストを入れてみましたよ。
これが結構正解でした。なんつーか、コクが出る!
カレーとかにも使えそうな予感です。

Sdsc_0499
『お肉も柔らか絶品ビーフシチューです。』

ビーフシチュー、作る度に腕前が上達してますよ。
今回のはなかなか自信作でした。っていうかねぇ、
ワインで作るよりも黒ビールの方が安上がりかも。
味的にもさほど違いは出ないし。但し、黒は必須!
おそらく黒ビールの鉄分感?が肉に合うんだね。

|

« ランチバイキング @ まる鉄 (群馬県伊勢崎市) | トップページ | 色んなパン @ パン工房シエル (群馬県高崎市) »

○男子厨房に入る」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。