鮭といくらの親子丼 @ 呉羽PA(上り) (富山県射水市)

『富山が長い。』 金沢へ行った事のある
同僚達が皆、口を揃える様に言うんだよ。
うーん、確かに長かったのかもしれない。
道中、比較的単調な道が続くし、危険…。
そんな訳で、呉羽PAで昼食休憩でした。

Pap_0006

『地丼』って何!?『地産地消』的な物?
北陸自動車道のオリジナル丼メニュー
なんだってさ。何か、凄く美味しそう~♪
だって、『鮭といくら』ですよ。大好きさ!

Pap_0009

もしかして、鮭は安っぽいパッサパサの
フレークなのかな?と心配したんだけど、
しっとり系の美味しいフレークで美味い。
それとイクラが最高ですよ。たまらーん。

Pap_0008

そして、意外と脇で良い働きをしている
山芋の存在。あなた、中間管理職だね。
この人の存在が、組織を潤滑に回すの。
あれ?一体、何の話をしてるんだろう…。
とにかく地元の食材的な奴が好きです。

Pap_0007

| | コメント (0)

黒部ダムラーメン @ ダムレストハウス (富山県中新川郡)

たまにはリフレッシュって事で、年休ゲットだぜッ!
(“だぜ”じゃねぇ~って。。いちいちネタが古い…。)
折角のお休みなので、前々から行ってみたかった
『黒部ダム』に思いつきだけで行ってみましたよん♪
何故にダム?『水曜どうでしょう・ロケ地』ですから!
本当は 『雪の回廊』まで見に行きたいんだけど、、
思いつきの日帰り旅行では ちょっと無理でした…。

Photo
Photo_2
Photo_3

『トローりー、オー!トローりー、オー!』
どうでしょう班と同じ掛け声を(心の中で)叫びつつ、
どうでしょう班の通った『ダム堰堤』を歩きましたよ。
水曜どうでしょうの中のワンシーンが、今ここにッ!
完全に『どうでしょうバカ』丸出しなのでした。。
トロリーバス、最高ッ!大町温泉郷も最高ッ!

平日のせいか、周囲はアクティブシニアばかり…。
決して若者向きでない観光をやおら楽しんでいると、
見つけちゃったョ。。観光向けの企画ラーメンをッ!
明らかにインパクト勝負の、何コレ?ラーメンを…。
コレは…食べなきゃダメか?やっぱ、俺だしなぁ。。
意を決して、食券機のボタンを押しちゃったぁ~。
ズバリ『黒部ダムラーメン』。観光地価格¥900円。
ん”~ん、高い。。コレは輸送費込みって奴ですか?

Ca390500

レストハウスでは、通称『ダムラー』と呼ばれている。
私の様子を逐一見ていた料理人のオッチャンが…、
食券機のボタンを押した瞬間に 『ダムラー一丁!』。
えッ!?未だ食券を渡していないのに、はえ~って。
恐るべし黒部ダム!お水は破砕帯の湧き水だぞッ!

Ca390501

レストハウスからの眺めたるや、もぉ~最高ですよ。
『3千メートル級のぉ~、山々をぉ~、見よう見よう』
ってなもんですョ。(どうバカにしか、わからん台詞。)
まだまだ雪が残ってる。でも、意外に暑かったよ。。
そうこうしていると、オッチャンから掛け声が来たョ。

じゃ~ん、ぬおぅッ!メニュー写真よりも実物の方が
より一層生々しいと言おうか、、ここまでしなくても…。
かなりダムっぽさの“ディテール”にこだわった一品。
あまりにリアルで、正直 気分が悪い。。喰えるよね?
得体の知れぬ グリーンのスープに、目玉焼きなの?
半熟目玉焼きとは、珍しい…。コレは何のイメージ?

Ca390502
Ca390503

う”~ん、食べるのに勇気がいるよぅ。。いざ勝負ッ!
すると、アレ?意外と美味いのが、何か悔しいぞ。。
普通の『塩ラーメン』って感じなんだけど、美味いョ。
相当お腹が減ってた?それとも、山の空気のお陰?
観光地の食事の割には、普通に美味しくてビックリ。
出来るだけスープは見ない様にして、頂きましたぁ。

でぇ~も、やっぱりスープは 見た目がちょっと…。。
この緑の成分は一体何なんだろう?アオミドロとか?
産地直送みたいな?変な想像は 膨らむ一方で、
余計にスープが飲めなくなりました。。(笑)
『黒部ダム』観光の際は、勇気を持って食べてみよう!

P.S.
Special Thanks! 三脚を提供してくれた S.T氏

Ca390504

| | コメント (4)